ドラマと映画にツッコミたい!

【小説の神様】キャストとあらすじ!ネタバレは小説が書けないわけ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

映画「小説の神様」のキャストやあらすじ、ネタバレをまとめます。

 

橋本環奈さんと佐藤大樹さん(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)がW主演で、2020年5月22日公開されます。

 

橋本環奈さんといえば、高校生のキラキラ恋愛映画のイメージがありますが(今日から俺はのヤンキーもありますが)違います!

 

2人は、性格も何もかも真逆な小説家で、葛藤しながら小説を書くお話です。

 

映画「小説の神様」のキャストとあらすじ、ネタバレをまとめます。

 

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意ください!

 

スポンサードリンク

映画「小説の神様」キャスト

 

 

映画「小説の神様」の原作は、作家・相沢沙呼さんの小説です。

 

主人公の千谷⼀也(ちたにいちや)

 

 

主人公の千谷⼀也(ちたにいちや)を佐藤大樹さん(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)が演じます。

 

一也は、高校生の小説家で、中学生の時に描いたデビュー小説がいきなり新人賞を取って、作家デビューしました。

 

父親(片岡愛之助)も小説家です。家族を温かく見守る母親は和久井映見さん。

 

素性を隠して千谷一夜として書いていますが、本が売れずにスランプで小説不振に陥ったネガティブな男子です。

 

主人公の小余綾詩凪(こゆるぎしいな)は橋本環奈

 

 

もう1人の主人公の小余綾詩凪(こゆるぎしいな)は、橋本環奈さんが演じます。

 

小余綾詩凪(こゆるぎしいな)は、一也のクラスに転校してきた人気者でドSな性格の女子です。

 

しかも、一也と同じく中学生で作家デビューしていて、ヒット作を連発する高校生小説家です。

 

九ノ里正樹は佐藤流司

 

九ノ里正樹は、一也の中学からの友人で、文芸部の部長をしています。

 

背が高くて、メガネ姿の顔立ちは綺麗めですが、成績優秀、性格は暗めで気難しい。

 

佐藤流司さんは、ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズの主演・加州清光を務めるなど、舞台で大人気で、映画『HiGH&LOW THE WORST』にも出演しています。

 

成瀬秋乃は柴田杏花

 

成瀬秋乃は、文芸部に所属する、小説を書いている高校一年生です。

 

一也の小説が大好きで、憧れていて、小説家なことを知っていて話しかけてきます。

 

千谷雛子は莉子

 

千谷雛子は、一也の妹で病気で入院中です。

 

長編映画初出演となるティーンに大人気のモデルの莉子さんが大抜擢されています。

 

野中は坂口涼太郎

 

野中は、一也のデビュー作の担当編集者で、強烈なビジュアルで話題になっている坂口涼太郎さんが演じます。

 

河埜さんは山本未來

 

河埜さんは、2人の担当編集者で、2人の才能を見込んで、共作を提案します。

 

スポンサーリンク

映画「小説の神様」あらすじ

 

 

クラスに転校してきた詩凪(橋本環奈)は、一也(佐藤大樹)は隣同士の席になりました。

 

詩凪は、すぐにクラスの人気者になって、友人に囲まれていて、友人が九ノ里正樹しかいない一也とは対照的です。

 

ある日、文芸部の部長をしている九ノ里正樹は、一也に部員を増やすために詩凪を文芸部に誘って欲しいと言います。

 

一也が誘うと、詩凪は文芸部に入部しました。

 

しかも編集者の河埜に呼ばれると、売れっ子作家の詩凪と一緒に小説を書くことになりました。

 

すべてが真逆の2人が協力して、喧嘩しあいながらも大ベストセラーを目指して、小説を書く青春ストーリーです。

 

 書きたいモノを書く、それは勝者の論理で、売れなければクズ扱い!

 

2人の小説はどう完成していくのか、どんな物語なのか。

 

2人の関係はどうなっていくのか。

 

残酷な世界で見えてくる小説の神様とは? 

 

スポンサーリンク

映画「小説の神様」ネタバレ

 

一也の悩み

 

小説の神様は、高校生が小説を書く話ですが、一人一人に悩みやそれぞれの事情があります。

 

千谷一也の父親も小説家で、父親の背中を見てきています。

 

一也はデビューしてから4冊もの本を出版していますが、売れずにネットの批判で落ち込みます。

 

小説不振で、自分の好きなものや書きたいことを見失っています。

 

本を出しても売れないと意味が無いと思っていますが、売れるための小説が書けない!

 

一也の妹の雛子は難病で入院しているので、売れたい気持ちもあります。

 

詩凪の悩み

 

また、真逆の詩凪にも悩みがあります。

 

詩凪は、売れっ子の小説家ですが、着々と売れる本を出しながら小説が書けなくなっていました。

 

そのわけは、前の学校での嫌がらせでした。

 

高校生で有名になれば、妬みからいじめや嫌がらせがありますよね!

 

2人の意見の対立

 

詩帆が物語を考えて、千谷が文章を書きます。

 

千谷は、自分が書きたいことでなくても売れるための作品にこだわって筆を進めようとします。

 

しかし、詩凪の文才を妬んだり、葛藤してぜんぜん筆が進まない!

 

一方で詩帆は、物語の力を信じて、自分が作りたい作品を求めます。

 

文芸部の4人の高校生が物語を綴ることによって、喜び、苦しみ、仲間同士の中に存在する様々な気持ちの葛藤が起きます。

 

そして、そんな4人が協力すると化学変化が起きます。

 

2020年の公開映画をまとめました。

気になる記事がありましたら、ぜひ見て行ってください。

2020年の公開映画まとめ

 

スポンサーリンク

まとめ

 

映画「小説の神様」のキャストとあらすじ、ネタバレをまとめました。

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2019 All Rights Reserved.