ドラマと映画にツッコミたい!

【義母と娘のブルース】契約結婚!竹野内豊と綾瀬はるかの出会い

WRITER
 
義母
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

7月クールのTBSドラマ「義母と娘のブルース」火曜日22時~放送です。

笑いあり、涙ありの4コマ漫画が連続ドラマになります。

バリバリのキャリアウーマン綾瀬はるかが、突然主婦にママに!

 

結婚した相手(竹野内豊)は、シングルファーザー

8歳の娘・みゆきがいます。

 

竹野内豊がシングルファーザーになったわけ・離婚理由が切ない

綾瀬はるかとの出会い・契約結婚のわけに迫ります。

 

ネタバレがあります。知りたくない方は、ご注意ください。

スポンサーリンク

【義母と娘のブルース】契約結婚!竹野内豊と綾瀬はるかの出会い

原作4コマ漫画の絵のタッチは、こんな雰囲気です。

義母

義母と娘のブルースの笑いあり、感動ありのあらすじ

岩木亜希子(綾瀬はるか)は、業界トップの金属会社で働くバリバリのキャリアウーマン

グループで成績もトップの部長職

 

勉強と仕事しかしてこなかった33歳(綾瀬はるかも33歳)

服装はいつもスーツ・言葉はビジネス用語です。

義母

そんな亜希子が、突然結婚します。

相手は、宮本良一(竹野内豊)8歳の娘・みゆきがいるシングルファーザー

 

原作漫画の宮もっちゃんは、30歳の設定ですが、竹野内豊(47歳)ドラマはどうなるのか!

義母

娘のみゆきと初めて会った時、亜希子は名刺を渡して挨拶

「なんかやだこの人」と、みゆきに言われてしまいます。

 

クレームは、成長へのカギと考える亜希子は「どうぞ、詳しく気に入らない点をおっしゃってください」

「・・・」みゆきの機嫌を損ねたので、今日のところは帰ることになってしまいます。

 

そこへ亜希子がお腹を出して腹芸!真剣にです!

仕事の取引先には、通じても小学生の女子には通じません。

 

亜希子が引っ越してきた日

自分のことを知ってもらうためには・・・とバッグをゴソゴソ

 

「物で釣ろうとしても無駄です」みゆきも負けません

亜希子が出したのは、履歴書・・・面接か!

 

お母さんと呼んでくれないみゆきに「呼んでくれるまでテコでも動きません」と土下座

どこまでもビジネス戦法で攻めますが、ギャングエイジ8歳の娘はなじみません。

 

家事も苦手なまま、専業主婦になって、亜希子は主婦にママになれるのか!

みゆきは、母と呼んでくれるのか!

 

亜希子が奮闘する10年のドラマです。

クールな対応の娘・みゆきに対して、ビジネス用語で真剣に答える亜希子がツボです。

 

綾瀬はるかが、キリッとビジネス用語を使えるのか!

バリバリのキャリアウーマンの姿も楽しみです。

スポンサーリンク

竹野内豊の離婚理由!シングルファーザーのわけ

会社では、仕事ができるわけではないけど、周りを和ませる役

誰からも愛される朗らかキャラの宮もっちゃん

 

イケメンで愛されキャラが離婚するわけない!

離婚理由は、奥さんの病死です。

 

元奥さん役は、奥山佳恵

通販好きの可愛いママです。

 

最愛の妻・母を亡くして、ショックを受けた父と娘

今でも元妻を愛しているし、お母さんは1人だけと思っています。

 

宮もっちゃんと亜希子の出会い

義母

宮本と亜希子の会社は、ライバル関係

ある日、亜希子は、花見の場所取りをしている宮本を見かけます。

 

仕事をしないで、美しい景色を見ていられるのを喜んで、笑顔で場所取りする宮本

そんな宮本が気になった亜希子

 

ただし、亜希子が気になったのは、恋心ではなく

入社8年目で場所取りをやらされている状況にでした。

 

どこまでもビジネス目線の亜希子です。

でも、きっとその頃から気になっていたんだと、後から思う亜希子

2人が契約結婚することになった切ないわけ

タイプが正反対な2人

元妻を愛している宮本と仕事しかしてこなかった亜希子

 

どう考えても結婚するわけがありません。

 

ある日、亜希子は、道でうずくまる宮本を見つけます。

宮本は、病気で発作を起こして、余命幾ばくもない状況でした。

 

娘をおいて逝けないので、母親が欲しい宮本

30歳を過ぎて人恋しくなっていた亜希子の利害関係が一致!

 

契約結婚が成立しました。

多感な子供は、親が本当に愛し合っているのか気になります。

 

クラスのいじめっ子男子ヒロキに、愛がなくみゆきのために再婚したと言われて、父親に聞きます。

宮本は、正直に「よくわからないんだ。でも、亜希子さんのことは好きだし、尊敬しているし、感謝している」と答えます。

 

毎日生活していくうちに、2人に愛が芽生えます。

お互いの気持ちを確かめ合って、結婚式をしようと言った3日後

 

宮本は、息を引き取ります。

 

お葬式の日、本当の家族になります

お葬式で気丈にふるまう亜希子とみゆき

洗い物をしているみゆきに、亜希子が「大人に任せればいいよ」という。

 

家族じゃなくなるから、ひとりで生きていくことになるから、誰も頼らないと言うみゆき

「私は、良一さんもあなたのことも愛してる」とみゆきを抱きしめて、本当の家族になりました。

 

そこから、高校生になったみゆきとパートを始める亜希子のドラマが始まります。

 

【義母と娘のブルース】あらすじと綾瀬はるかの子役が気になる!

 

【義母と娘のブルース】パート先パン屋の店長は、元ヤンキーの佐藤健!2人に恋も!

 

【義母と娘のブルース】ドラマではやらない!ラスト30年後の亜希子にオチがある!

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ママFPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.