ドラマと映画にツッコミたい!

【なつぞら】子役の雪次郎は誰?吉成翔太郎が山田裕貴になる!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

朝ドラ「なつぞら」で、帯広の街に、老舗のお菓子屋さん「雪月」があります。

 

柴田家の牧場で作った牛乳やバターを使ってお菓子を作っています。

 

とよ(高畑淳子)がにぎやかなお菓子屋さんの小畑家に、なつの幼なじみの雪次郎がいます。

 

子役の雪次郎は誰?

 

小畑家のあらすじと、雪次郎を演じる吉成翔太郎くんのプロフィールについてまとめます。

 

ネタバレがあります。知りたくない方はご注意ください。

スポンサードリンク

なつぞらの小畑雪次郎のあらすじ

 

 

すいません。これは、お父さんの小畑雪之助(安田顕)です。

 

老舗のお菓子屋「雪月」の小畑家は、北海道帯広の街にあります。

 

家族は、明るすぎてしゃべり出すと止まらない祖母のとよ(高畑淳子)

 

父親の小畑雪之助(安田顕)は、お菓子の発明王で、モデルは六花亭です。

 

母親の妙子(仙道敦子)は、おっとりしているようで実は・・・かかあ天下で発明王を引っ張っていくのでしょう。

 

仙道敦子さんのイメージは、優しく見守るタイプですが、どんな演技をするのか楽しみです。

 

 

長男の雪次郎(大人になって山田裕貴)は、なつの幼なじみで同じ農業高校に通って、なつを演劇部に誘います。

 

なつが心を開いて何でも話せる存在で、どう考えても雪次郎はなつのことが好きになりますよね!

 

高校を卒業すると、なつと一緒に上京します。

 

 

なつは、兄を探して東京新宿へ、そして漫画映画と出会って、アニメーションの世界へ飛び込みます。

 

雪次郎は、雪之助が若い時に修行した新宿のお菓子屋さん「川村屋」でお菓子の修行をするために上京します。

 

同郷の2人は、東京でも頻繁に会いますよね!

 

雪次郎となつの幼なじみの関係はどうなっていくのでしょうか。

 

絵の楽しさを教えてくれた山田天陽(吉沢亮)と一緒に牛の世話をした照男(清原翔)、何でも話せる雪次郎(山田裕貴)の四角関係も見どころです!

 

でも、なつの結婚相手には新たなライバルが参戦します。

 

【なつぞら】結婚相手は吉沢亮?山田裕貴と清原翔も陽平も濃厚!の記事には、なつと結婚するのは誰?についてまとめています。

 

スポンサーリンク

なつぞらの子役・雪次郎は誰?

 

 

子役の雪次郎役を演じるのは、吉成翔太郎くんです。

 

戦後の男の子役なので、坊主になってますね!

 

吉成翔太郎プロフィール
  • 吉成翔太郎・よしなりしょうたろう
  • 誕生日:2008年7月30日 10才
  • 身長:138㎝
  • 特技:水泳と合気道
  • 所属事務所:テアトルアカデミー

 

ドラマや映画の出演歴などの掲載はありませんでしたが、高橋一生さん主演のドラマ「みかづき」で、塾の生徒役で出演していました。

 

 

映画にも出演しています。

 

 

そして、くまのプーさんの映画では、クリストファー・ロビンの日本語の声の吹き替えをしています。

 

 

ちょっとぽっちゃり体型に見えますが、老舗のお菓子屋のお坊ちゃまのイメージで、裕福な雰囲気なんでしょうか。

 

大人になると山田裕貴さんになるので、ちょっと驚きますね!ツッコミどころです!

 

 

【なつぞら】安田顕の「雪月」モデルは六花亭!名前も発明も一致!の記事には、六花亭がモデルだと判明したわけがまとめてあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

朝ドラ「なつぞら」で帯広にある老舗のお菓子屋さん「雪月」のあらすじと小畑雪次郎の子役についてまとめました。

 

子役の吉成翔太郎君は、ぽっちゃり系男子ですが、大人になって山田裕貴さんになった時の驚きと反応が楽しみになってきました。

 

お菓子屋のお坊ちゃまですから、ちょっとわがままなのでしょか。

 

なつが何でも話せる幼なじみなので、2人の関係もたのしみです。

 

朝ドラ【なつぞら】の記事をまとめました。

あらすじ・ロケ地・子役・天陽のモデル・なつの結婚相手・

安田顕の雪月のモデルなどの記事があります。

気になる記事がありましたら、ぜひ見てください。

朝ドラ【なつぞら】の記事まとめ

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2019 All Rights Reserved.