ドラマと映画にツッコミたい!

【義母と娘のブルース】撮影ロケ地!ベーカリー麦田と家族の場所!

WRITER
 
義母
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

7月からのTBSドラマ「義母と娘のブルース」火曜日22時~放送

綾瀬はるかが、バリバリのキャリアウーマンから、一児の母の専業主婦へ

8歳の娘相手に、ビジネス用語を多用するセリフに笑い、家族愛に泣けます。

 

義母と娘がバトルしながら、家族になっていく10年間のドラマです。

5月下旬から、撮影ロケ地でクランクインしてます。

 

ゆうえんちは、宮本家・家族の大切な場所です。

義母と娘のブルースの撮影ロケ地に迫ります。

 

ネタバレがあります。知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

【義母と娘のブルース】撮影ロケ地!家族の大切な場所とベーカリー麦田!

義母

義母と娘のブルースの原作は、4コマ漫画です。

コミックは、2巻発売されていて、完結しています。

 

笑いあり、号泣ありの実は、切ない「義母と娘のブルース」あらすじ

4コマ漫画のオチに、必ず笑いのある展開

気軽に読めて、面白いですが・・・

 

実は、切ないお話です。

 

大手金属会社のバリバリキャリアウーマン・岩木亜希子(綾瀬はるか)

祖母に育てられて、自立するように勉強と仕事しかしてこなかった33歳

義母

チームでの営業成績はトップで、仕事は完璧な部長

そんな亜希子が、突然結婚します。

 

相手は、プレゼンで敵会社の宮本良一(竹野内豊)

仕事は普通、性格は誰からも愛される朗らかキャラ

義母

娘のみゆき8歳のシングルファーザー

亜希子は、結婚することで突然、主婦とママになります。

義母

子供の接し方がわからない亜希子は、みゆきに名刺を渡して挨拶

「この人ヤダ」と言われても「5分で心を掴めなければ無理」帰ります。

 

無言のみゆきに「腹踊りで接待」

取引先には、ウケても、小学生には無理!

 

綾瀬はるかが、腹踊り!

 

部下が育ったことで、仕事人間が仕事を辞めて、専業主婦に

朝は、新聞を見て、家におじさんが2人いるみたい

 

ハムが高いと値切った相手は、知り合いのハムメーカーの社長

家事は、苦手でも一生懸命な亜希子に、みゆきもだんだん心を開いていきます。

 

義母と娘がバトルをしながら、家族になっていく10年間

 

【義母と娘のブルース】仮面夫婦!竹野内豊がシングルファーザーになったわけ!離婚理由が切ない。

スポンサーリンク

アスレチックのロケ地は、びわ湖バレイ

アスレチックの撮影が行われたのは、滋賀県びわ湖バレイ

びわ湖バレイ

 

みゆきの放課後の児童館は岩木幼稚園

義母

 

撮影が行われたのは、5月29日

みゆきがお迎えを待っている児童館

 

千葉県野田市にあります。

 

 

ひろきのリサーチは、上府中公園

義母

 

いじめるクラスメイトのリサーチをしていた公園

神奈川県小田原市上府中公園

 

噴水の前で、ひろきに交渉、交渉成立しました。

佐藤健のパン屋さん「ベーカリー麦田」は、大岡山の元鍵屋さん

「義母と娘のブルース」の撮影があったと見つけたのは、ベーカリー麦田

義母

東京都目黒区・大岡山北口商店街

しばらくシャッターの閉まっていた鍵屋さんが、ベーカリー麦田の撮影ロケ地です。

 

ベーカリー麦田は、麦田章(佐藤健)が店長をするパン屋さん

元ヤンキーで、経営がいい加減で倒産寸前!

 

みゆきが高校生になったことで、パートを始めた亜希子が店を立て直します!

そして、二人に恋も・・・

 

【義母と娘のブルース】綾瀬はるかの子役みゆき!NHKでは綾瀬はるかの幼少期役だった!

 

【義母と娘のブルース】佐藤健は元ヤンキー店長!朝ドラとのギャップ!亜希子との恋!

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ママFPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.