ドラマと映画にツッコミたい!

【義母と娘のブルース】高校生のひろきとみゆきの胸キュンスカッと!

WRITER
 
義母
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

7月からのTBSドラマ「義母と娘のブルース」

 

バリバリのキャリアウーマンの綾瀬はるかが、突然専業主婦とママになるドラマです。

 

竹野内豊の連れ子・みゆき(8歳)とバトルしながら、家族になっていきます。

 

8歳のみゆきは、オーディションで選ばれた横溝菜帆ちゃんですが、10年のバトルが描かれるドラマなので、途中でみゆきは高校生になります。

 

高校生になったみゆきのキャストと幼なじみの男の子・ひろきとの胸キュンラブストーリーに迫ります。

 

大いなるネタバレがあります。読みたくない方は、ご注意くださいm(__)m

 

スポンサードリンク

【義母と娘のブルース】高校生のひろきとみゆきの胸キュンスカッと!

 

義母

 

ドラマ「義母と娘のブルース」の原作は、桜沢鈴さんの4コマ漫画が原作です。

 

必ずオチのある4コマ目で、会社あるある、親子あるある、笑えます。

 

でも、実はかなり切ない家族ドラマです。

 

笑った後に号泣します!

 

主人公の岩木亜希子(綾瀬はるか)は、大手金属会社のバリバリのキャリアウーマン部長で、祖母に育てられて、自立するために勉強と仕事しかしてこなかった32歳(綾瀬はるかは33歳)です。

 

義母

 

突然、シングルファーザーの宮本良一(竹野内豊)と結婚して、みゆき(8歳)のママになります。

 

義母

 

みゆきと初対面の日、子供の接し方がわからない亜希子は、みゆきに名刺を渡す。

 

1義母

 

「なんかヤダこの人」と言われても、部長はめげない!更に「クレームは成長へのカギ、不満な点を教えてほしい」と迫ります。

 

子供の心は、取引先よりも難しいと実感した亜希子・・・。

 

ある日、みゆきが男の子にいじめられているのを見て、みゆきと一緒にまずは、公園の陰で敵のリサーチ!

 

敵のひろきに、何でいじめるのか聞く(交渉する)ようにみゆきに言って、ひろきにからかわれるのが嫌なことを伝えると、ひろきも悪気はなかったと、2人は和解します。

 

そんな何事にも一生懸命な亜希子に、みゆきもだんだん心を開いてきます。

 

それからの亜希子とみゆきのあらすじは、【義母と娘のブルース】契約結婚!竹野内豊がシングルファーザーなわけ!にあります。

 

スポンサーリンク

ひろきと絶交!空気の読めないみゆき

義母

 

初対面の亜希子にも「なんかヤダこの人」と言えてしまうみゆきは、学校でも、女子とは遊ばずに男子とドッジボール、小3にもなると、女の子のグループも出来て、男の子を意識したり敏感になります。

 

ひろきのことが好きな子がいるのに、みゆきはひろきと仲良くしていたことで、いろいろ聞かれます。

 

そのことから、ひろきに「キモい」と言ってしまいます。

 

それから、ひろきは父親の転勤で引っ越していなくなってしまいました。

 

小学生のひろきを演じる大智(だいち)くんは、亜希子とみゆきの将来をつないでくれるキーマンです!

 

義母

 

子供の時は、わんぱくな顔をしていますが、高校生になって、イケメンになります!!!

 

スポンサーリンク

高校生のみゆきとひろきのキャスト

義母

 

高校生になったみゆきのキャストは、上白石萌歌さんで、ドラマは、最初から高校生のみゆき目線で語りやってました!

 

高校生になって、モテモテのみゆき!

 

幼なじみのひろきのキャストは、井之脇海さんで、高校3年生役ですが、22才です。

 

劇団ひまわりで子役から、2006年から俳優活動をしていて、ごちそうさんやひよっこにも出演していました。

 

上白石萌歌さんと井之脇海さんは、午後の紅茶のCMでも、高校生の恋人役やってました!

 

スポンサーリンク

ひろきとみゆきが高校生になって再会

 

高校生になって、共学の高校に通うみゆきは、可愛いのでモテモテです。

 

しかし、ビジネス用語にまみれた義母・亜希子の影響を受けて変な子に育ってます。

 

男子に告白されても「検討いたします」付き合えない男子には「内定取り消し」穏便に断るために、亜希子が教えた返事です!

 

そんな時、通学の電車でひろきと再会します。

 

ひろきに好きだったと言われて、みゆきは動揺「ごめんなさい」と走って逃げてしまいます。

 

スポンサーリンク

亜希子に恋愛相談!ひろきは、キーマンだった!

 

 

どうしたら、ひろきと話せるのか、亜希子に恋愛相談しようとするみゆきですが、恋愛経験1回の亜希子も、みゆきのひろきへの気持ちが伝わってきたので、一生懸命答えます。

 

良一のお葬式の日、気丈に振舞っていた亜希子とみゆきですが、実は、かなり動揺していた亜希子・・・それを見抜いたひろきに「みゆきを守るのは義母さんしかいない」と言われて、気づきます。

 

自分より、動揺しているのはみゆきだということに!

 

みゆきは、亜希子は義母だし、これからは、ひとりで生きていかなければならないと言います。

 

亜希子は「みゆきも良一さんも愛してる、これからも家族よ」とみゆきを抱きしめて、2人に遠慮がなくなり、本当の家族になりました。

 

そのことを、ひろきが気づかせてくれたことを話すと、みゆきに勇気が湧きました。

 

話しかけるとひろきも同じ気持ちだったことが伝わって、明るく意気投合!

 

2人は、付き合うことになって、亜希子は、少し寂しくなって、子離れするのは自分だと思うのでした。

 

スポンサーリンク

章店長の恋も応援する!

義母

 

空気を読んで、人の気持ちがわかるひろきは、亜希子がパートしているパン屋の店長・麦田章が、亜希子のことが好きだと気づきます。

 

麦田を応援するために、亜希子が好きな食べ物をリサーチ!

 

亜希子が好きな食べ物でパンを作って、喜ばせようとしますが、酒盗にスルメ・・・パンに合わない素材ばかり・・・!

 

倒産寸前の店を立て直したら、亜希子に告白すると頑張りました。

 

亜希子のアドバイスで、パン屋は人気店に!

 

亜希子に告白しますが、良一への愛を感じて、店長はあきらめます。

 

みゆきとひろきに「おまえらと家族になりたかった」・・・切ない!

 

麦田にプレゼントされた服を着て、経営コンサルタントの会社を立ち上げて、社長になる亜希子でした。

 

ほんのり、麦田への気持ちを匂わせながら・・・。

 

続編約30年後・アラ環になった亜希子!

 

 

ドラマ「義母と娘のブルース」では、10年間の話と書かれていますが、原作漫画には続きがあります。

 

アラ環になった亜希子とみゆきの約30年後!

 

経営コンサルタントの会社を経営して、ド派手な社長になっている亜希子!

 

社長として輝くようにアドバイスした麦田店長の言う通りにしていた!

 

ひろきとみゆきは、結婚して2児のパパとママになって、ひろきの姑と暮らしていてヘトヘトです。

 

ひろきの母は実は・・・

 

 

ひろきの母は、性格がキツかった!

 

亜希子がみゆきの義母になった時、小学校のPTAを仕切っていたボスママがひろきの母だった!

 

亜希子は、PTAの話し合いの日、誰もが逆らわなかったボスママ相手に、プレゼンして勝って、ボスママを倒したとクラスでもヒーロー的な扱いになったことがありました。

 

実は、そのボスママがひろきの母だったなんて、壮大なオチが待っていました。

 

アラ環になって、丸くなった亜希子とひろきの母は、親子6人で住むことになります。

 

最後まで、家族のハートフルなコメディでした。

 

【義母と娘のブルース】佐藤健は元ヤンキーのパン屋店長!朝ドラとのギャップがスゴイ!

 

【義母と娘のブルース】子役の横溝菜帆が可愛すぎる!NHKドラマで綾瀬はるかの幼少期役も!

 

ドラマ「義母と娘のブルース」の記事をまとめました。

気になるものがありましたら、ぜひ見てください。

続編・あらすじ・ネタバレ・キャストなどあります。

ドラマ「義母と娘のブルース」記事まとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2018 All Rights Reserved.