ドラマと映画にツッコミたい!

【いだてん】大森兵蔵(竹野内豊)の病気が悪すぎる!病名は!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

2019年の大河ドラマ「いだてん」の個性豊かなキャストの中に、鼻につく竹野内豊さんが演じる大森兵蔵がいます。

 

実は、すごい人なのにすごいだけで終わらない、英語交じりの言葉がアメリカかぶれでコミカル!

 

竹野内豊さんが今までにない破天荒なキャラクターで、病状が悪化してる!

 

大森兵蔵と年の差がすごすぎる、大森アニー(大森安仁子)についても書きます。

スポンサードリンク

竹野内豊が演じる大森兵蔵は破天荒なキャラクター

 

 

竹野内豊さんが演じる大森兵蔵は、アメリカに渡って、スタンフォード大学で経営学を学びました。

 

その後、国際YMCAトレーニング学校で体育を学び、日本人の体格を欧米人に劣らないものにしたい、スポーツの未来を作りたいと強い信念を持って日本のスポーツに貢献した人です。

 

バレーボールとバスケットボールを日本に初めて紹介して、ストックホルムオリンピックでは、日本選手団の監督を務めました。

 

そんな日本のスポーツ界に貢献したスゴイ人ですが、いだてんでは、英語交じりの日本語を話すアメリカかぶれな自由人で、ちょっと煙たがられます!

 

スポンサーリンク

妻の大森アニー(安仁子)と大恋愛でイチャイチャ

 

 

アメリカでは、妻になる大森アニー(帰化して安仁子)と出会って、明治時代に国際結婚!

 

しかも、19才年の差があって、アニーが上!(モデルになった実際の大森兵蔵の話です)

 

ドラマは、大森兵蔵を演じる竹野内豊は、47才、アニーを演じるシャーロット・ケイト・フォックスは、33才なので、年の差は14才、どんな年齢設定の夫婦になるのか楽しみです。

 

大恋愛で愛し合う2人は、パワフルな演技でアドリブも交えて楽しんでいるそうです。

 

安仁子は、アメリカ出身の令嬢で画家ですが、逞しく夫を支える戦士のような女性です。

 

ストックホルムオリンピックに出場する三四や弥彦のために、テーブルマナーを教えます。

 

四三や弥彦からは、「ヤマトダマシイ」を学んで、武士のように逞しくなります。

 

破天荒な大森兵蔵とアニーの行動に四三が連呼しそうな言葉があります。

 

いだてんの「ばっ!」の意味!熊本弁で流行語大賞2019候補になる!の記事にも書きましたが、いろいろな「ばっ!」を使いこなしているようなので、どんな時にどんな「ばっ!」が出るか注目ですよ!

 

スポンサーリンク

病弱な大森兵蔵と支えるアニー(安仁子)

 

 

破天荒な大森兵蔵ですが、病弱でストックホルムオリンピックの頃は、肺結核が進行しています。

 

でも、オリンピックに行きたいという夫の願いを叶えるために、嘉納治五郎(役所広司)に「私たち夫婦が行きます」と宣言します。

 

ストックホルムまでは17日間8000kmの道のりで、大森夫妻と四三と三島弥彦の4人はずっと一緒でした。

 

兵蔵は咳き込みながらも、破天荒な行動が続きます。

 

お金もかかるので自炊しようと言い出した兵蔵が、食堂車でドイツ人におごってしまったり、英語交じりの話し方や西洋人風の振る舞いが鼻につくと、四三は耐えられなくなっていきます。

 

体調が悪化して、監督としての練習メニューやアドバイスもできないので、四三や弥彦は不安になっていきます。

 

何とか、ストックホルムオリンピックの入場行進に参加して、夢を果たせますが、病状は悪化します。

 

大森は、マラソンの時も医師に絶対安静と言われてましたが、安仁子の制止を振り切って四三に同行しました。

 

しかし、四三のマラソンの本番前に大森が咳き込んで倒れて、四三が背負うことになります。

 

自分の夢を叶えるために、迷惑な人です。

 

でも、マラソンが終わると監督としての役目を果たせなかったことと、四三や弥彦に無用なストレスを与えたことを悔やんで、自分を責め続けました。

 

書いた論文「オリンピック式陸上運動競技法」を嘉納治五郎に褒められて、監督としての健闘を称えられましたが、面会できないほどに病状が悪化して、安仁子と一緒にストックホルムで治療することになりました。

 

次の年に帰国の途中で肺結核で亡くなりました。

 

一緒にストックホルムに行った三島弥彦は、大森兵蔵にイラっとしなかったのでしょうか。

 

【いだてん】三島弥彦の家のロケ地はどこ?生田斗真が住む六華苑!の記事にも書きましたが、名家のお坊ちゃまなので、西洋人風のアメリカかぶれな人が身近にいて慣れてそうですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

日本のスポーツのために貢献した大森兵蔵ですが、アメリカかぶれの面倒くさい人!

 

明治の時代に、アメリカ留学や国際結婚をする破天荒なキャラクターですが、体が弱く妻のアニーに支えられて、ストックホルムオリンピックに監督として参加します。

 

英語交じりの日本語や西洋人風の振る舞いが、今までにない竹野内豊のキャラクターでどんな雰囲気になるのか楽しみです。

 

アニー役のシャーロット・ケイト・フォックスの凛とした愛らしい演技も注目です。

 

大河ドラマ【いだてん】の記事をまとめました。

気になる記事がありましたら、ぜひ見て行ってください。

⇒大河ドラマ【いだてん】記事まとめ

 

大河ドラマ「いだてん」をうっかり見逃した、乗り遅れたけど最初から見たい人にお知らせ!

大河ドラマ「いだてん」のフル動画全話を無料視聴する方法

こちらを要チェックです!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ママFPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.