ドラマと映画にツッコミたい!

鎌倉殿の13人のネタバレ!最後の結末は最年少の家臣の北条義時が勝つ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

2022年に放送される大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のネタバレ、最後の結末もネタバレします。

 

脚本は三谷幸喜さんで、主役の北条義時を小栗旬さんが演じます。

 

タイトルの鎌倉殿(かまくらどの)や13人て何?誰?

 

最近では、大河ドラマのキャストが若くなっていますから、注目です!

 

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のネタバレ、最終回の結末もまとめます。

 

スポンサードリンク

鎌倉殿の13人のあらすじ

 

 

華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に権力の座を巡る男たち女たちの駆け引き──
源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男 二代執権・北条義時。
野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。
新都鎌倉を舞台に繰り広げられる、パワーゲーム。
義時は、どんなカードを切っていくのか──

 

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人の鎌倉殿とは何?

 

タイトルの鎌倉殿(かまくらどの)とは、鎌倉幕府の将軍のことです。

 

これは、脚本を担当する三谷幸喜さんが語っています。

 

他にも、鎌倉幕府の棟梁だったり、平家物語では源頼朝を指したり、鎌倉幕府自体を指す場合もあります。

 

スポンサーリンク

家臣の13人は誰?

 

鎌倉殿の1代目だった源頼朝が死んだ後、2代目の将軍・源頼家が18才という若さで相続したので、「おやじを超えるぞ!」と今までの習慣を無視した独裁的な判断をして、暴走してしまいます。

 

その暴走を止めるために、13人の家臣たちが集まって、「これからは合議制で全てを進めよう」と取り決めます。

 

これが、日本の歴史上、初めて合議制で政治が動いたという「十三人の合議制」です。

 

そこで、「十三人の合議制」の鎌倉殿の家臣13人とは誰?

 

  1. 大江広元 
  2. 三善康信 
  3. 中原親能 
  4. 二階堂行政 
  5. 梶原景時 
  6. 足立遠元 
  7. 安達盛長 
  8. 八田知家 
  9. 比企能員
  10. 三浦義澄 
  11. 和田義盛
  12. 北条時政
  13. 北条義時 

 

最年少の家臣が、主役の北条義時です。

 

この十三人の合議制は、実際には13人全員で合議された例はなく、数名の評議の結果を参考に頼家が最終的判断を下す政治制度で、頼家の権力を補完する機能を果たしていたとする見解もあります。

 

将軍をたてていたということか!

 

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人のネタバレ

 

 

主人公の北条義時(小栗旬)は、伊豆の弱小豪族の北条時政の次男でした。

 

平治の乱の後、伊豆に流された源頼朝と姉の北条政子が結婚したことから、人生が変わっていきます。

1180年、頼朝は関東武士団を結集して平家に反旗を翻して、北条一門はこの無謀な大博打ばくちに乗りました。

北条義時は、源頼朝の第一の側近となって、決死の政治工作を行って、遂には平家一門を打ち破る。

 

鎌倉幕府を開いて将軍になった頼朝ですが、謎の死を遂げます。

 

偉大な父を超えようともがき苦しむ二代将軍・頼家の独裁的な暴走を止めようとしていた13人の家臣!

 

しかし、家臣の13人は、激しい勢力争いを繰り広げます。

 

正治元年(1199年)に梶原景時が失脚したり、正治2年(1200年)に安達盛長と三浦義澄が病死したことで十三人の合議制は解体して、頼家政権も権力抗争の果てに崩壊することになります。

 

そして、三代将軍・実朝が“飾り” に徹して命をつなごうとしていました。

13人の家臣の中で一番若い北条義時は、二人の将軍の叔父として懸命に幕府のかじを取っていきます。

 

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人の最後の結末

 

家臣の13人が勢力争いの中で次々と脱落していくなか、北条義時が頭角を現してきます。

 

三代将軍の実朝には子供がいなかったので、実朝が暗殺されると、幕府は新たな将軍として親王の鎌倉下向を朝廷に要請しますが、後鳥羽上皇は拒否しました。

 

幕府は皇族将軍をあきらめて、頼朝の遠い縁戚の藤原頼経を4代将軍として迎え入れましたが、頼経は当時生後1年余の幼児でした。

 

このため、北条政子が尼将軍として頼経の後見と鎌倉殿の地位を代行したので、義時がこれを補佐して実務面を補うことで北条が実権を握る執権政治が確立しました。

 

しかし、次第に将軍の後継者問題で、後鳥羽院政と鎌倉幕府の対立が激しくなっていきます。

 

1221年の承久の乱で、後鳥羽上皇が軍を拡張して、北条義時討伐の兵を挙げます。

 

それから一ヵ月後、鎌倉幕府軍は、京都を制圧して完勝します。

 

この承久の乱での勝利によって、旧将軍独裁時代の勢力は一掃されて、北条義時の幕府内での最高権力者の地位が確定しました。

 

脚本の三谷幸喜さんは、この北条義時が最高権力者になるまでをドラマ化するとコメントしていました。

 

2021年の大河ドラマは、青天を衝けのあらすじとロケ地!エキストラ募集はワープステーション

 

スポンサーリンク

まとめ

 

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のネタバレをまとめました。

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2020 All Rights Reserved.