ドラマと映画にツッコミたい!

モトカレマニア最終回ネタバレ!結末はさくらと対決!マコチも実は

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

ドラマ「モトカレマニア」の最終回の結末をネタバレします。

 

モトカレのマコチ(高良健吾)に同居人のさくら(山口紗也加)がいることがわかって、ライバル参戦!

 

マコチの気持ちがわからないまま、ユリカとさくらは対決します!

 

どっちが勝って、マコチを手に入れる?

 

マコチの気持ちは?

 

ドラマ「モトカレマニア」の最終回のネタバレをまとめます。

 

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意ください!

 

スポンサードリンク

 

ドラマ「モトカレマニア」の簡単なあらすじ

 

 

主人公の難波ユリカ(新木優子)は、27才で求職中の女子です。

 

朝の日課は、SNSで元カレのマコチこと斉藤真(さいとうまこと・高良健吾)を探すこと!

 

SNSを始めないのか、再会したいのになかなか巡り合えません!

 

日々の生活では、心の中でマコチと妄想の会話をしたり、初対面の男性に対して、“モトカレスカウター”なるものを起動させて、マコチと少しの共通点を見つけて微笑むイタい女子です。

 

ユリカはモテないわけじゃないけど、うまく恋愛ができない、実はクズ男好き?

 

ユリカと真は5年前に別れて、すぐに次の彼氏と素敵な恋愛できるでしょ!と思っていたら、その後付き合った男がクズばかりだったことで、真との思い出が美化されて、妄想を広げます。

 

女だって引きずる、元彼を忘れられないモトカレマニア(MKM)でもいいじゃない!

 

そう開き直った時に、就職が決まった不動産会社で、真と再会します。

 

真とよりを戻すことはできるのか?

 

そもそも5年経っていて、真に彼女がいたり、結婚してる?

 

ユリカの妄想や思い出が美化されていて、リアルな真の性格は?

 

スポンサーリンク

ドラマ「モトカレマニア」最終回までのネタバレ

 

 

最終回の前にドラマの経過を書きます!

 

今まで、ドラマが始まって、最終回に近づいていく頃に、最終回のネタバレを見るのかな~という流れで、記事を書いていました。

 

しかし、第1話の放送の時に最終回のネタバレを読む方が多かったので、最終回だけを書いても意味が分からないと思い、途中のあらすじも書きます!

 

マコチと再会

 

難波ユリカ(新木優子)は、就職した不動産会社で元カレの真(マコチ・高良健吾)と再会しました。

 

ずっとSNSで斉藤真を検索していましたが、両親の離婚で福盛真になっていました。

 

モトカレマニア・マコチの高良健吾のネタバレ!独身だけど訳ありには、詳しいキャラクターあります。

 

ところが、5年前に別れたマコチは妄想で美化されていて、現実のマコチとのギャップに戸惑います。

 

ユリカの最初のお客さんの山下さん(浜野謙太)を彼氏っぽく匂わせながら、マコチの気を引こうとします。

 

モトカレマニアの山下の浜野謙太のネタバレ!むぎちゃんは元カノには、結婚相手にはいい人な山下の詳しいキャラクターあります。

 

山下さんといい雰囲気になった時に、山下さんも「モトカノマニア」なことに気付きます。

 

すっかり、山下さんとは、モトカレ・モトカノマニアの仲間として、相談相手になります。

 

だんだん、マコチとの距離が近づいていきますが、衝撃的な事実が発覚します!

 

マコチに同居人がいた!

 

マコチの大口のお客さんの年上女性で、小説家のさくら(山口紗弥加)です。

 

マンションマニアのマコチは、広くて豪華なマンションに住みたくて、ルームシェアをしていました。

 

モトカレマニアのさくら・山口紗弥加のネタバレ!マコチとソフレ!には、詳しいキャラクターあります。

 

さくらは、広くて怖いから一緒に住んでくれるなら買うと言って、高級分譲マンションを買いました。

 

マコチが帰って来ることを楽しみにしていたり、家での居心地がいいようにマコチが必要なものは、買いそろえます。

 

そして、寝ている時にうなされているさくらをみて、マコチは毎日添い寝していました。

 

そんなさくらは、マコチがユリカとキスして帰ってきた日、まこちの様子がおかしいことに気付きます。

 

それは、毎日見ていたら気づきますよね!

 

そして、即座にSNSをチェック、最近友達申請されていたユリカを見つけて、友達申請して呼び出します。

 

アグレッシブすぎるさくら怖い・・・!

 

さくらが予約した高級ランチを食べながら、冷静に余裕を見せながらの探り合い!

 

話しているうちにさくらも「モトカレマニア」なことが発覚しますが、マコチが元カレに似ているので譲りません!

 

ユリカは、さくらがモトカレマニアだったことに共感して、嬉しくなって仲間意識を持ちますが、スルーされます。

 

2人の対決は最終回まで持ち込まれるでしょう。

 

スポンサーリンク

ドラマ「モトカレマニア」最終回の結末ネタバレ!

 

 

さくらのソフレ宣言

 

そんな中、対決に勝ちたいさくらは、添い寝しているマコチとの画像をユリカに送ります。

 

「ソフレで~す!」

 

へこむユリカですが、「ソフレなど、女として見られていないかわいそうなレベル」と負けません。

 

添い寝で安心しました!と余裕を見せて、反撃します。

 

でも、添い寝できるほど、マコチが心を許していることにへこみます。

 

マコチをスルーして、おばちゃんずに相談

 

こうなったらと、ユリカはセフレになる覚悟を決めて、マコチを誘います。

 

しかし、空回りしている自分に気付いて、引き止めるマコチをスルーしてタクシーに乗りました。

 

引き止めるマコチをスルーするとは、たまにまっしぐらすぎてマコチは???ですよね!

 

向かった先は、山下さんと行った温泉旅館で、毒舌で的確なアドバイスをくれる”おばちゃんず”に相談します。

 

おばちゃんずは、ユリカの気持ちを見抜いて「さてはあなた…惚れた弱みで振り回されて、完全に自分を見失ってここに来たね!」

 

「この男何考えてるか分からない」って時はたいてい何も考えてないのよ!

 

「男は好きじゃない相手に好きとは言わない!」と言い切り、ユリカと付き合わないのは、モトサヤの先に見える“結婚”を決める覚悟がないんだと見抜きます!

 

おばちゃんず、神!

 

「男を通して自分の価値を図らず言いたいことを言え」

 

「言いたいことを男に言う時は、誰よりも「落ちつく」ことだね。不安でも怖くてもこらえて、死ぬ気で余裕を見せるんだ!そのほうが届く」

 

マコチの気持ちは

 

マコチのハッキリした気持ちはわからないまま、ユリカはマコチとキスしています。

 

飲みに行って、本音でぶつかり合うこともできるようになってます。

 

しかし、さくらとは一緒に住んでいて、マコチも居心地の良さを感じています。

 

マコチは、今はマンションマニアだし・・・!

 

マコチは、どっちも選べない、どっちも必要とつぶやきます。

 

マコチが危険な行動を

 

マコチは、スルーされて、次の日に病欠したことから、ユリカが気になっていました。

 

そして、営業成績が今月落ちていること、大切な書類を無くしてしまったことが重なって、落ち込んでいました。

 

家に帰って、いつものようにさくらに添い寝しようとした時に、さくらの髪に触れて、人恋しくなったマコチはそっと肩に触れました。

 

ところが、背を向けて寝ていると思われたさくらは、寝たふりをしていたのでした。

 

連載漫画ではここまでが描かれています。

 

連載は続いているので、最終回はオリジナルストーリーです。

 

マコチも実は

 

しかし、マコチの気持ちはもう決まっていますよね!

 

登場人物が次々に実は「モトカノマニア」「モトカレマニア」だったんですから!

 

マコチも「モトカノマニア」だったというオチはどうでしょう!

 

モトカノマニアの相手が、ユリカならハッピーエンドですね!

 

ユリカより昔の元カノで「えっ?そっち!」という展開は無いと思われます。

 

ドラマ「モトカレマニア」の記事をまとめました。

気になるものがありましたら、ぜひ見てください。

あらすじ・ネタバレ・キャスト・キャラクターなどあります。

ドラマ「モトカレマニア」記事まとめ

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ドラマ「モトカレマニア」の最終回の結末をネタバレしました。

 

面白すぎる!おばちゃんずのキャストも気になりますね!

 

2019年の「秋ドラマ」の記事をまとめました。

気になるドラマがありましたら、ぜひ見てください。

シャーロック・ブラック校則・結婚できない男・G線上のあなたと私・

ドクターX・モトカレマニア・時効警察・俺の話は長い・

ノワールー刑事Yの反乱ー・FLY!BOYS!FLY!僕たちCAはじめました

2019年の秋ドラマの記事まとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2019 All Rights Reserved.