ドラマと映画にツッコミたい!

【知らなくていいコト】キャストとあらすじ!出生の謎でサスペンス

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

ドラマ「知らなくていいコト」が1月8日水曜日から、日本テレビで放送されます。

 

主演の吉高由里子さんのお仕事ドラマと思ったら、出生の謎が発覚して、サスペンス展開!

 

両親役のキャストにも大注目です!

 

ドラマ「知らなくていいコト」の原作・キャストとあらすじをまとめます。

 

スポンサードリンク

ドラマ「知らなくていいコト」原作

 

 

ドラマ「知らなくていいコト」の原作は、脚本家の大石静さんのオリジナルストーリーです。

 

ドラマ「家売る女の逆襲」(北川景子・2019年)や「大恋愛」(ムロツヨシ・戸田恵梨香・2018年)の脚本を担当しています。

 

ラブストーリーの名手と言われていますから、お仕事ドラマでも恋の予感がします。

 

スポンサーリンク

ドラマ「知らなくていいコト」キャスト

 

 

主人公・真壁ケイト(32)は吉高由里子

 

主人公の真壁ケイト役は、吉高由里子さんです。

 

子供の頃から、シングルマザーの母親と2人で生活してきました。

 

ほどほどの私立大学を卒業後、東源出版に就職して10年間、週刊誌の編集者として働いてきました。

 

真壁杏南は、ケイトの母親

 

真壁杏南は、ケイトの母親でシングルマザーとして、ケイトを育ててきました。

 

映画評論家で字幕翻訳の第一人者なので、テレビに出ている有名人です。

 

父親の名前は、ケイトにも明かしていませんでした。

 

ケイトの父親はハリウッドスター

 

真壁杏南が脳梗塞で倒れて、意識混濁する中で告白した父親の名前はハリウッドスターだった!

 

ケイトの恋人

 

 

ケイトの彼氏は、野中春樹で、2歳年下の28才、重岡大毅さんが演じます。

 

仕事も恋も順調だったケイトには、恋人がいます!

 

交際して2年、そろそろプロポーズ?

 

2018年4月の吉高由里子さんのドラマ「わたし定時で帰ります」では、中丸雄一さんが彼氏で元カレが向井理さんでしたから、彼氏役は30代の俳優さんと思われます。

 

吉高由里子さん、映画「君の瞳が見ている」では、横浜流星さんが彼氏役でした!

 

映画・君の瞳が問いかけているのキャストとあらすじ!横浜流星が命がけ恋には、切ないネタバレあります。

 

他のキャスト

 

  • ケイトが働く東源出版の同僚や上司
  • スクープされる政治家や芸能人
  • ケイトの友人

などのキャストがいます。

 

スポンサーリンク

ドラマ「知らなくていいコト」あらすじ

 

真壁ケイト(吉高由里子)は、東源出版の週刊イーストの編集部で働く記者です。

 

政治家のスキャンダルや不倫のスクープを狙って、あらゆる世界に人脈を作り、情報を手に入れて、地を這う取材を行って来ました。

 

たまにトリッキーな行動をしますが、自信家ながらも人懐っこい性格で、仕事も恋も絶好調の毎日を送っていました。

そんなある日、母が脳梗塞で倒れて、病院に運ばれます。

 

そして、母親の最期の言葉は、今まで一度も話したことのなかったケイトの父の名前でした。

 

父親は、誰もが知るハリウッドスターでした。

 

今まで母が明かさなかった自分の出生の謎と父親の秘密がタイトルの”知らなくていいコト”でした。

 

ケイトは、世の真実を暴く週刊誌記者という立場と自分がスクープされる側になったらという葛藤と闘いながら、絶望から自分自身を取り戻すべく、逆境に立ち向かっていきます。

週刊誌編集部を舞台に一話完結で、記者としてだけではなく、人として成長していく姿が描かれます。

人間ドラマでお仕事ドラマ、サスペンスドラマの要素もあるヒューマンドラマです。

 

2020年の「冬ドラマ」の記事をまとめました。

気になるドラマがありましたら、ぜひ見てください。

絶対零度~未然犯罪潜入捜査・10の秘密・恋はつづくよどこまでも・

病室で念仏を唱えないでください・トップナイフ・

テセウスの船・シロクロパンダ

2020年の冬ドラマの記事まとめ

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ドラマ「知らなくていいコト」の原作・キャストとあらすじをまとめました。

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2019 All Rights Reserved.