ドラマと映画にツッコミたい!

【集団左遷】半沢直樹と似てるあらすじ!原作の香川照之は謎の男!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

2019年4月からの日曜劇場は「集団左遷(仮題)」を放送します。

 

主演は、福山雅治が今までにない銀行員役で、まるで半沢直樹に似てる?

 

でも、原作は池井戸潤ではありません。

 

4月からの日曜劇場「集団左遷(仮題)」の原作・あらすじ・キャストの福山雅治の役について書きます。

スポンサーリンク

ドラマ「集団左遷(仮題)」の原作は「半沢直樹」と違う!

 

 

日曜劇場舞台が銀行のドラマ、香川照之が出演と聞いて、いよいよ「半沢直樹」の続編だと思いましたが、違いました。

 

原作は、池井戸潤さんではありません!

 

日曜劇場「集団左遷(仮題)」の原作は、江波戸哲夫(えばとてつお)さんの小説「新装版 銀行支店長」と「集団左遷」です。

 

経済小説や官僚、商社などのノンフィクションやフィクション小説を書いている作家さんです。

 

銀行支店長は1992年、集団左遷は1993年に発行されたバブル崩壊後に書かれた作品です。

 

 

1994年には、柴田恭兵主演で映画化されてますが、内容は銀行ではなく、バブル崩壊後の不動産会社の話でした。

 

原作は「新装版 銀行支店長」となっていて、2019年1月16日には、原作本が発売されます。

 

2019年公開の映画【Last Letter】ロケ地!福山雅治と松たか子が宮城で人違い!の記事にも書きましたが、切ないラブストーリーで、高校時代の2人を神木隆之介と広瀬すずが演じていて見逃せませんよ!

 

スポンサーリンク

集団左遷が半沢直樹なあらすじ!謎の香川照之

 

 

主人公の片岡洋(福山雅治)は、銀行員で支店長に昇任人事を受けますが、配属先は廃店が決まっている蒲田店でした。

 

上層部には、廃店後は本部で優遇されることを約束されて、頑張らなくていいからとりあえず支店長になることを任されます。

 

ところが、鎌田店に行ってみると、廃店になることを知らない銀行員たちがノルマや顧客のために一生懸命働いています。

 

そんな銀行員たちを見て、「頑張らなくてもいいよ」とはいえずに、思い悩む中間管理職の片岡洋!

 

片岡洋は、しょうがないと割り切りれない、諦めきれない男です。

 

会社のため、仲間のため、取り引き先のため、家族のため、自分のプライドのために頑張る姿が描かれます。

 

片岡は、今までの福山雅治の役のように天才でも、クールなできる男でもありません。

 

上手く生きてはいない、50才を目前にして自分の立場に揺れて「このままでいいのか?」と思い悩む普通の男です。

 

そして、気になる蒲田店の副支店長が真山徹(香川照之)です。

 

常に笑顔なのが怖い!全てを見透かしているような掴みどころがない謎の男で、ジワジワ片岡を苦労させます。

 

年下の片岡に支店長になられたら、銀行員としてのプライドが許しませんよね!

 

日曜劇場にありがちな嫉妬や裏切りなど、ドロドロの展開になるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

半沢直樹と違う?コミカルにユーモア?謎の男・香川照之

 

 

銀行の理不尽さを描いた半沢直樹のような重厚な作品と思っていましたが、香川照之が「ドラマの見どころであるコミカルさとユーモア”を醸し出していく」とコメントしています???

 

福山雅治がフツーの男で、コミカル?ユーモア?想像がつきません。

 

ドラマのプロデューサーは、見終わった時に「あー、おもしろかった」と言えるドラマにしたいとコメントしています。

 

面白かった?半沢直樹のようにスカッとしたじゃなくて?

 

いろいろな壁にぶち当たって、かっこ悪く這いつくばっても、仲間を信頼して一緒に乗り越えようとします。

 

今の時代に合わないかもしれない「頑張ればなんとかなる」というエネルギーを、視聴者のみなさんに届ける作品になりそうです。

 

「頑張ればなんとかなる」は、日曜劇場っぽいですね!

 

2019年に公開の映画【Last Letter】ロケ地!福山雅治と松たか子が宮城で人違い!の記事にも書きましたが、話題作だった岩井俊二監督の映画「ラブレター」(中山美穂主演)のアンサー映画として作られた切ない作品なんです!

 

スポンサーリンク

まとめ

2019年4月からの日曜劇場「集団左遷(仮題)」は、福山雅治主演の銀行が舞台のドラマです。

 

共演が香川照之だと、半沢直樹を思いますが、原作は江波戸哲夫の小説です。

 

銀行業界の理不尽に立ち向かう重厚な噺家と思いましたが、コミカルやユーモアもあるドラマのようです。

 

平成最後の日曜劇場になります。新しい時代に向けて、楽しみなドラマです。

 

2018年、2019年の公開映画をまとめました。

気になる記事がありましたら、ぜひ見て行ってください。

⇒2018年、2019年の公開映画まとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ママFPの家計簿 , 2019 All Rights Reserved.