ドラマと映画にツッコミたい!

【ボイス110】原作とあらすじ!唐沢寿明と真木よう子の過去の事件

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

ドラマ「ボイス110緊急指令室」の原作とあらすじをまとめます。

 

刑事の唐沢寿明さんとボイスプロファイラー(声紋分析官)の真木よう子さんがバディになって事件を解決します。

 

2人には、家族のツライ過去があって、その過去の事件と向き合いながら、犯罪に立ち向かっていきます。

 

ドラマ「ボイス110緊急指令室」の原作とあらすじ・刑事の唐沢寿明さんと声紋分析官の真木よう子さんの家族の過去の事件をまとめます。

 

スポンサードリンク

 

ドラマ「ボイス110緊急指令室」の原作

 

 

ドラマ「ボイス110緊急指令室」の原作は、韓国ドラマの「ボイス~112の奇跡」で、シーズン3まで制作されています。

 

原作が韓国ドラマですから、過去や起きる事件もセンセーショナルな展開になりそうですね!

 

ドラマ「ボイス110緊急指令室」は、7月から日本テレビ系で土曜日の22時~放送です。

 

スポンサーリンク

ドラマ「ボイス110緊急指令室」のあらすじ

 

 

ドラマ「ボイス110緊急指令室」は、110番通報でつながる警察の緊急指令室が舞台です。

 

主人公の樋口彰吾(唐沢寿明)は、敏腕刑事ですが、妻を殺されたことで、犯人への復讐に燃えています。

 

ある日、港東署に新設されたの緊急指令室「ECU」のメンバーに招集されます。

 

しかし、室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)の橘ひかり(真木よう子)は、樋口(唐沢寿明)の妻の通報電話を取った人物でした。

 

橘ひかり(真木よう子)には、微かな音も聞くことができる絶対聴感能力があります。

 

樋口は、妻(菊池桃子)の事件を思い出すし、橘ひかりの能力を信じていません。

 

長年の現場の経験を持つ緊急出動班の班長の樋口(唐沢寿明)と絶対聴感のボイスプロファイラーの橘(真木よう子)が協力関係になって、事件を解決していきます。

 

緊急指令室には、通報から3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙することで、被害者の生死を分ける「クライシスタイム」があります。

 

2人が協力してクライシスタイム内に事件を解決するハラハラドキドキな展開です。

 

ドラマ「24」みたいですね!

 

同時に2人の過去の事件の真犯人を追っていきます。

 

スポンサーリンク

ドラマ「ボイス」2人の過去の事件

 

 

樋口彰吾(唐沢寿明)は、3年前に妻(菊池桃子)が正体不明の暴漢に襲われてなくなりました。

 

妻が事件前にかけてきた電話に気付かなかったことで、妻の声が頭から離れずに、ずっと後悔して苦しんでいます。

 

お酒を飲んで、妻の幻を見て、犯人を地獄まで追いかけるつもりです。

 

橘ひかり(真木よう子)は、子供の頃に事故で目をケガしてしまいましたが、絶対聴感が身に付いて、警察大学を首席で卒業後、緊急指令室に配属されています。

 

3年前の樋口の妻が通報したときに、緊急指令室で電話を取ったのはひかりでした。

 

しかし、その後、その現場付近を巡回していた警察官のひかりの父親が同じ男に撲殺されます。

 

電話はつながっているのに、何もできない失意と悔しさに苛まれて、ボイスプロファイラーの専門家になります。

 

2人の家族の辛い過去、犯人は同じ男なので、葛藤しながら追及していきそうですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ドラマ「ボイス110緊急指令室」の原作は韓国ドラマの「ボイス~112の奇跡」で、あらすじと2人の過去の事件をまとめました。

 

衝撃的な展開になりそうですね!

 

2019年の「夏ドラマ」の記事をまとめました。

気になるドラマがありましたら、ぜひ見てください。

監察医 朝顔・TWO WEEKS・Heaven?・偽装不倫・サイン・

ルパンの娘・ノーサイド・あなたの番です

2019年の夏ドラマの記事まとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2019 All Rights Reserved.