ドラマと映画にツッコミたい!

惡の華のネタバレ!結末は伊藤健太郎が変態すぎるハッピーエンド!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

映画「惡の華」の結末をネタバレ、2人はどうなるの?をまとめます。

 

思春期の悶々とした誰もが経験するいろいろな想い!

 

人と違うと変わっているとか、変態とか言われてしまう特殊な時期!

 

大人になったら、懐かしさで流せるけど、今生き辛さを感じている人々への映画です。

 

映画の結末はある意味、ハッピーエンド!

 

映画「惡の華」の結末をネタバレしますので、知りたくない方はご注意ください!

 

スポンサードリンク

 

映画「惡の華」のあらすじ

 

苦悩の伊藤健太郎が演じる春日の予告をどうぞ!

 

 

主人公の春日高男(伊藤健太郎)は、ボードレールの「惡の華」が好きな文学少年の中学2年生、自意識過剰や潔癖症なところがあって、わかり合える人がいないと、人との間に壁を作っていました。

 

クラスの美少女で優等生の佐伯奈々子(秋田汐梨)に密かに想いを寄せていましたが、ある日気持ちが爆発して、佐伯奈々子の体操着に顔をうずめて、盗んでしまいます。

 

その現場をクラスの嫌われ者の仲村佐和(玉城ティナ)に見られていて、高男は脅迫され、契約させられます。

 

仲村佐和は、無表情で先生にも「クソムシが!」と暴言を吐く、本音と建前で生きている人間が嫌いな協調性ゼロの問題児でした。

 

ある日、中村佐和の策略で、想いを寄せていた佐伯奈々子と付き合うことになると、佐和は無茶な要求をしてきます。

 

そんな中、仲村さんに悶々とした気持ちを解放されていく春日高男(伊藤健太郎)は、佐和(玉城ティナ)に興味を持ち始めていきます。

 

その春日の気持ちに気付いた優等生の奈々子(秋田汐梨)まで、内に秘めた佐和への嫉妬をさらけ出していきます。

 

田舎の中学生の悶々とした思春期の生活の中で、クラスメイトや友人、憧れ、主従関係からの恋?や嫉妬、いろいろな気持ちが絡み合う中、2人は事件を起こします。

 

そして、高校生へ大学生へ、春日(伊藤健太郎)と仲村(玉城ティナ)の関係はどうなっていくのか。

 

2人は、どんな大人になっていくのか。

 

毎日の生活に息苦しさを感じている学生におすすめだったり、大人でも悶々としていた思春期の懐かしさにニンマリしてしまう作品です。

 

伊藤健太郎が昼顔でキスシーンがスゴイ!高校生相手役とモデル映像には、俳優デビュー作のドラマ「昼顔」の役をまとめています。

 

スポンサーリンク

映画「惡の華」のネタバレ!ラストの結末

 

 

奈々子とのデートに変態な要求

 

体育の授業中、奈々子のブルマ姿が眩しい!

 

春日高男(伊藤健太郎)は、佐伯奈々子(秋田汐梨)の体操着を盗んだことがバレたら、クラスからいじめられること間違いなしです!

 

バラされないようにするために、仲村(玉城ティナ)と究極の主従関係の契約結びます。

 

仲村の策略もあって、奈々子(秋田汐梨)に告白すると、付き合えることになりました。

 

しかし、仲村(玉城ティナ)の要求もエスカレートしていきます。

 

佐和の要求は「奈々子とのデートに盗んだ体操着を着ていくこと」や「デートが終わるまでにキスする」こと!

 

2人が心中

 

 

2人は、秘密を共有している関係、秘密基地で話し合います。

 

だんだん佐和は、高男の本音と建て前の境界線を無くすことに喜びを感じて、暴走する!

 

ある日、仲村佐和と高男が秘密基地に行くと、奈々子(秋田汐梨)が尾行していました。

 

今までの経緯を全部知っても高男を受け入れる奈々子!

 

奈々子は、嫉妬から、2人の秘密基地に火をつけます。

 

佐和のハードな要求にアイデンティティが崩壊して、絶望していく高男!

 

そんな男女3人がお互いに気持ちをぶつけるようになって、夏祭りの夜、高男と佐和は灯油をかぶって心中事件を起こします。

 

周りの大人に止められて、心中は未遂に終わりました。

 

高校生の恋

 

心中事件を起こしたことで、高男は家族と引っ越して、高校生になります。

 

高男と佐和と奈々子の3人は、別々の高校に進学しますが、高男は佐和への思いが断ち切れずに、佐和と似た少女を好きになります。

 

常磐文(飯豊まりえ)、垢抜けていてスタイル抜群、男子からも人気ですが、実は小説家志望の文学女子で、周りには内緒にしていました。

 

2人は、本を貸し借りする仲になって、文(飯豊まりえ)の小説を読むとお互いに共感します。

 

文の小説には囚われの幽霊が出てきて、その幽霊から文を助けたいと思い「僕と生きてくれ」と告白します。

 

高男は中学生の時のことを文に打ち明けると、ハードな過去に驚きますが、文は仲村さんに会いたいと言います。

 

11月公開映画・地獄少女映画のロケ地でネタバレ!森七菜はライブハウスの女子高生には、大人気漫画が原作で、玉城ティナさんが地獄少女なあらすじあります!

 

仲村佐和との再会

 

仲村佐和(玉城ティナ)は、千葉の海のそばで、母親と暮らしていました。

 

仲村は、普通っぽくなっていた高男にガッカリしたと言い、文は中村に「昔の自分を見ているようでツラい」と言います。

 

文は、高男と仲村が一緒に生きていった方がいいのでは・・・と思いましたが、仲村は「2度と来るなよ!普通人間」と言って、3人で海辺に寝転びました。

 

大学生になる結末

 

春日高男(伊藤健太郎)と常磐文(飯豊まりえ)は、大学生になって、幸せに暮らしていました。

 

このまま、結婚に向かってくような雰囲気!

 

高男が走馬灯のように、これからの将来を考える時、仲村さんの姿が・・・!

 

仲村さんの姿は過去?未来?

 

思春期は終わるけど、これからの可能性は無限大!

 

誰の心にも惡の華はいますよね・・・余韻を残して結末します。

 

2019年の公開映画をまとめました。

気になる記事がありましたら、ぜひ見て行ってください。

2019年の公開映画まとめ

 

スポンサーリンク

まとめ

 

映画「惡の華」の結末ネタバレをまとめました。2019年9月27日公開です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2019 All Rights Reserved.