ドラマと映画にツッコミたい!

グッドバイの映画の結末ネタバレ!愛人と別れたい大泉洋が実は妻に

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇」の結末をネタバレします。

 

原作の「グッドバイ」は、太宰治が最後に連載していた小説で、未完成の作品です。

 

未完成の作品が映画になって、どのような結末になるのかをネタバレします。

 

映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇」のネタバレ・豪華キャスト・あらすじをまとめます。

 

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意ください!

 

スポンサードリンク

 

映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇」のあらすじ

 

まずは、コミカルな特報映像をどうぞ!

 

 

グッドバイは、太宰治の最後の小説で、新聞で13回まで連載されていた未完成の遺作と言われている作品です。

 

未完成の作品なので、映画の原作は劇作家のケラリーノ・サンドロヴィッチさんが、独自の視点で再構築した戯曲「グッドバイ」が原作です。

 

主人公の田島周二(大泉洋)は、優柔不断な文芸雑誌の編集長で、疎開して離れて暮らす妻がいますが、愛人が10人くらいいます。

 

田島は、愛人たちと綺麗に別れて妻と暮らしたいと考えて、作家・漆山連行(松重豊)に相談してアドバイスを受けました。

 

飛び切り美人を連れて、愛人のところを訪れれば、あきらめるだろう!

 

磨いたら美人になった永井キヌ子(小池栄子)は、お金のために引き受けて、愛人たちに会いに行きます。

 

田島は、キヌ子と嘘の夫婦を演じて、愛人たちと綺麗に別れられるのか?

 

望み通り妻と幸せに暮らせるのか?

 

スポンサーリンク

映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇」ネタバレ

 

 

愛人たちと別れる決心

 

田島周二(大泉洋)は、離れて暮らしている妻の田島静江(木村多江)と幸せになるために、愛人たちと別れることを考えました。

 

しかし、優柔不断な性格なので、別れを切り出せないでいました。

 

「僕が狂っていたんです」と作家の漆山連行(松重豊)に相談すると、嘘の夫婦を演じて諦めさせることを提案しました。

 

磨いたら美人になった永井キヌ子(小池栄子)は、お金に執着がスゴイ担ぎ屋で、お金のために引き受けます。

 

愛人の花屋の青木保子(緒川たまき)のところに行くと、キヌ子は堂々と「田島の家内でございます。」と言い切って、別れることができました。

 

(この辺りまでが、太宰治が書いた小説のあらすじです。)

 

実は妻が!

 

しかし、ある日、妻から別れを告げる電報が届きます。

 

ショックで胃けいれんをおこした田島は、愛人の女医の大櫛加代(水川あさみ)のところに行きます。

 

実は、大櫛加代(水川あさみ)あてに妻(木村多江)から手紙が来ていて、「数ある愛人の中でも、しっかりしていそうなあなたに、主人を頼む。」と書かれていました。

 

クールな大櫛加代(水川あさみ)は、「自分が背負うのは嫌。」ということで、グッバイと田島に言います。

 

田島が編集部に帰ると、挿絵画家の水原ケイ子(橋本愛)からも「グッバイ」と伝言があって、あっさり別れられました。

 

自分からグッバイと言おうとしていたのに、愛人からグッバイ言われる田島!

 

挿絵画家の水原ケイ子(橋本愛)と田島を尊敬する編集部員の清川伸彦(濱田岳)がくっついたことを知ります。

 

実は、作家の漆山連行(松重豊)が田島に頼まれて、田島の妻に会いに行った時に、素行をバラしたことで、妻が離婚を決心していました。

 

そして、妻(木村多江)と漆山連行(松重豊)がくっついていた!

 

田島の死

 

独りぼっちになって、落ち込んだ田島は、易者(池谷のぶえ)に見てもらいました。

 

易者に「怪力で、大食いの女と幸せになるであろう。」言われたことで、「そうか!」と永井キヌ子かと思った矢先、屋根から足を滑らせて、命を落としてしまいます。

 

そして1年後、田島を偲ぶために元妻(木村多江)と愛人達が、集まりました。

 

そこにキヌ子(小池栄子)もやってきます。

 

キヌ子は、田島が死んだ後、大金をはたいて巨大なお墓を作ったと話します。

 

実は、田島のことが好きでしたが、田島は気づいていなかった!

 

ところが、死んだのは田島ではなく別の人間で、田島は、記憶喪失になっていたことがわかりました。

 

そして、田島の記憶が戻って、最後は、元妻の後押しで、キヌ子と結ばれました。

 

他のキャスト

 

他のキャストには、皆川猿時さん、田中要次さん、犬山イヌコさん、水澤紳吾さん、戸田恵子さんなど、個性豊かなバイプレーヤーばかりです。

 

原作のケラリーノ・サンドロヴィッチさんの戯曲は、舞台化されていて、田島を仲村トオルさん、キヌ子を小池栄子さんが演じていました。

小池栄子さんは、キヌ子役の舞台で、読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞しています。

 

田島がまっとうな生活を送ろうとドタバタする喜劇ですが、妻との結末は悲劇?

 

でも、ラストの結末はキヌ子とハッピーエンドでした。

 

映画・新解釈三國志のあらすじ!福田組キャストでキングダムのパロディには、福田雄一監督がファンだと大絶賛する大泉洋さんの映画(2020年公開)あります。

 

2020年の公開映画をまとめました。

気になる記事がありましたら、ぜひ見て行ってください。

2020年の公開映画まとめ

 

スポンサーリンク

まとめ

 

映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇」の結末ネタバレ!

 

モテすぎる大泉洋さんが早く見たいです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2019 All Rights Reserved.