ドラマと映画にツッコミたい!

【ひとよ】原作とあらすじ!キャストの佐藤健が家族の再生を目指す

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

映画「ひとよ」のあらすじとキャスト・原作をまとめます。

 

佐藤健さんが主演の映画「ひとよ」は、「一夜」で変わってしまった家族の運命のヒューマンドラマです。

 

2019年11月8日に公開されます。

 

そんな映画「ひとよ」の原作とあらすじ、佐藤健さんの兄弟役のキャストをまとめます。

 

スポンサードリンク

 

映画「ひとよ」の原作

 

 

映画「ひとよ」は、劇団KAKUTAの代表作品で、主宰する劇作家・桑原裕子さんの作品です。

 

ひとよを劇団に書き下ろしたのは、2011年の夏で、福島生まれの桑原裕子さんが震災への思いも含めて書いてます!

 

震災が起きた直後に書かれた作品ですが、震災の話ではありません!

 

ひとつの家族を通じて「本当の再生とはなにか、私たちはどう歩み出せばいいのか」を、まだ見つけられてないまま模索している時期に書かれています。

 

スポンサーリンク

映画「ひとよ」のあらすじ

 

 

「ひとは、ひとよでかたちをかえる。」

15年前、ある田舎のタクシー会社で起きた「ひと夜」の出来事で、運命が変わった家族!

その後、母親と長男、次男、長女の4人がバラバラになってしまいます。

 

一家は「ひとよ」の出来事に囚われたまま別々の人生を歩んで、15年後に再会します。

今も営業を続けるそのタクシー会社へ、家族の待つ家へ、再び戻ってきたことには意味があるのか?

 

 

稲村家の家族は、葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうともがきます。

 

これからの家族の岐路と15年越しに向き合う一家が辿り着く先とは・・・「家族の絆と究極の愛のかたち」を問いかけます。

 

スポンサーリンク

映画「ひとよ」のキャスト

 

 

つい先日、30才になって、アニバーサリーイベントを埼玉で開催していた佐藤健さんです!

 

主人公の稲村雄二のキャストは、佐藤健さんで、ひとよで人生が変わった稲村家の次男を演じます。

 

15年前の事件に縛られて、家族と距離をおいて、東京でうだつのあがらないフリーライターとして働いています。

 

佐藤健さんは、2月に公開された映画「サムライマラソン」や「るろうに剣心」のイメージが強いので、普通の人役が楽しみです。

稲村家の長男の大樹役のキャストは、鈴木亮平さんです。

 

町の電気屋で働くサラリーマンですが、幼少期から人とのコミュニケーションに苦手意識を持っています。

 

稲村家の兄弟で唯一、家庭を持ってますが夫婦関係に思い悩んでます。

 

2人の妹・長女の園子を、松岡茉優さんが演じます。

 

園子は、15年前の事件によって、美容師になる夢を諦めて、スナックで働きながら生活しています。

3人の母親役・こはるは、田中裕子さんです。

 

稲村家の父親のキャストは、発表されていないので、15年前の事件を起こしたのは父親だと考えられます。

 

タクシー会社に勤めていたのでしょうか、それともお客として事件を起こした?

映画「ひとよ」は、2019年5月にクランクインして、秋に公開されます。

 

スポンサーリンク

劇団KAKUTAの舞台「ひとよ」を観た人の感想

 

2011年に書き下ろされて、2011年と2015年に劇団KAKUTAによって舞台化された「ひとよ」の感想がスゴイ!

 

 

また観たい!

 

 

引き込まれました!

 

 

「全部良かった」と最高の誉め言葉です!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

2019年秋に公開される映画「ひとよ」の原作とあらすじ・キャストについてまとめました。

 

主演の佐藤健さんが「普通の人」の役が魅力的になりそうな作品で、楽しみです。

 

2019年の公開映画をまとめました。

気になる記事がありましたら、ぜひ見てください。

2019年の公開映画まとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2019 All Rights Reserved.