ドラマと映画にツッコミたい!

【ひとよ】原作とあらすじ!キャストの佐藤健がスゴイ姿ネタバレ!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

映画「ひとよ」のネタバレ・あらすじとキャスト・原作をまとめます。

 

佐藤健さんが主演の映画「ひとよ」は、「一夜」で変わってしまった家族の運命のヒューマンドラマです。

 

今までに見たことのない髪がボサボサで髭の佐藤健さんのビジュアル!

 

2019年11月8日に公開されます。

 

そんな映画「ひとよ」のネタバレ・原作とあらすじ、佐藤健さんの兄弟役のキャストをまとめます。

 

スポンサードリンク

 

映画「ひとよ」の原作

 

 

映画「ひとよ」は、劇団KAKUTAの代表作品で、主宰する劇作家・桑原裕子さんの作品です。

 

ひとよを劇団に書き下ろしたのは、2011年の夏で、福島生まれの桑原裕子さんが震災への思いも含めて書いてます!

 

震災が起きた直後に書かれた作品ですが、震災の話ではありません!

 

ひとつの家族を通じて「本当の再生とはなにか、私たちはどう歩み出せばいいのか」を、まだ見つけられてないまま模索している時期に書かれています。

 

スポンサーリンク

映画「ひとよ」のあらすじ

 

 

 

「ひとは、ひとよでかたちをかえる。」

15年前、ある田舎のタクシー会社で起きた「ひと夜」の出来事で、運命が変わった家族!

 

母親が父親を殺した事件・・・!

その後、母親と長男、次男、長女の4人がバラバラになってしまいます。

 

一家は「ひとよ」の出来事に囚われたまま別々の人生を歩んで、15年後に再会します。

今も営業を続けるそのタクシー会社へ、家族の待つ家へ、再び戻ってきたことには意味があるのか?

 

 

稲村家の家族は、葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうと家族がもがきます。

 

これからの家族の岐路と15年越しに向き合う一家が辿り着く先とは・・・「家族の絆と究極の愛のかたち」を問いかけます。

 

スポンサーリンク

映画「ひとよ」のキャスト

 

 

主演の佐藤健

 

つい先日、30才になって、アニバーサリーイベントを埼玉で開催していた佐藤健さんです!

 

主人公の稲村雄二のキャストは、佐藤健さんで、ひとよで人生が変わった稲村家の次男を演じます。

 

母親が起こした事件を許せない息子で、すさんでる風貌!

 

15年前の事件に縛られて、家族と距離をおいて、東京でうだつのあがらないフリーライターとして働いています。

 

お金のために事件をネタに記事を書く。

 

佐藤健さんは、2月に公開された映画「サムライマラソン」や「るろうに剣心」の真っすぐな侍のイメージが強いので、ボサボサ髪に髭の今までにないすさんだ雰囲気が楽しみです。

 

長男・鈴木亮平

稲村家の長男の大樹役のキャストは、鈴木亮平さんです。

 

事件のことで悩み続けた長男、事件で就職の内定を取り消されています。

 

妻二三子(MEGUMI)の実家の町の電気屋で働いていて、幼少期から人とのコミュニケーションに苦手意識を持っています。

 

稲村家の兄弟で唯一、妻と子供、家庭を持ってますが、被害妄想癖のある二三子に思い悩んで、別居中です。

 

両親は亡くなっていると妻に言って結婚していた!

 

事件のことを知らなかった妻と、こはるはかみ合わない、大樹と喧嘩!

 

長女・松岡茉優

 

2人の妹・長女の園子を、松岡茉優さんが演じます。

 

子供たちのために父親を殺してくれた母親を信じ続ける長女です。

 

園子は、15年前の事件によって、美容師になる夢を諦めて、スナックで働きながら生活しています。

 

不器用すぎて気持ちが伝わらない家族をつないでくれる存在です。

 

田中裕子

3人の母親役・こはるは、田中裕子さんです。

 

15年前、子供を守るために父親を殺しましたが、出所して稲村家に戻ってきます。

 

子供たちを不器用に愛する母親!

 

他にも、白石監督の常連の音尾琢真さんやタクシードライバーの佐々木蔵之介さんなど、個性的なキャストがいます。

 

 

映画「ひとよ」は、2019年5月にクランクインして、11月8日に公開されます。

 

スポンサーリンク

映画「ひとよ」のネタバレ

 

母親こはるが父親を殺す

 

稲村家は田舎の町でタクシー会社を営んでいます。

 

家族経営の会社だから、母親のこはる(田中裕子)は、深夜まで運転手として働いていました。

 

ある日、こはるは暴力をふるう夫を殺して、子供たちを守るためにやったと誇らしく話して、自首をして15年後に帰って来ることを誓いました。

 

夫の暴力から逃れて、明るい未来を想像していたのでしょう。

 

15年後、こはるが戻る

 

15年後の父親の法要の日にこはるが帰ってきます。

 

タクシー会社は、稲丸タクシーと名前を変えて営業されていました。

 

こはるの甥の丸井進(音尾琢真) が経営していて、15年前から働いている柴田弓(筒井真理子)や牛久真貴(韓英恵)新人運転手の堂下道生(佐々木蔵之介)で続けられていました。

 

しかし、子供たちはこはるの願いとは違う人生を歩んでいました。

 

長男(鈴木亮平)は、妻の二三子(MEGUMI)の実家の電気屋で働き、次男(佐藤健)は、売れないフリーライター、長女は美容師を諦めて、スナックで働いていました。

 

ワケありな従業員たち

 

タクシー会社の従業員もみんなわけありです。

 

柴田弓(筒井真理子)は、姑の介護をしながら、秘かに年下の歌川要一(浅利陽介)と付き合っている!

 

新人運転手の堂下道生(佐々木蔵之介)は、元ヤクザで、再会した息子の学費のために、弟分友國(千鳥・大悟)に運び屋をやらせていた。

 

ひとよの事件が起きる

 

こはるのことが好意的に雑誌で取り上げられて、タクシー会社は好転できると思っていたある日、事件が起きます。

 

無断欠勤した柴田弓(筒井真理子)が姑を殺してしまったと告白します。

 

またまた、ひとよでタクシー会社に暗雲が立ち込める。

 

こはるの言葉

 

そんな時に、堂下(佐々木蔵之介)が、今まで息子に送っていた学費が、遊ぶ金欲しさにたかられていたものだとわかってやけ酒で泥酔していました。

 

息子と再会して喜んだ「ひとよ」は何だったんだと悔やみます!

 

そこにこはるが「自分にとって特別なひとよなら、それでいいではないか」と言います。

 

そして、騒ぎが収まると、稲村家の家族が庭に出ます。

 

大樹(鈴木亮平)が空を指をさすと、父親に虐待されて曲がっているので、知らせたい方向を示せない!

 

それを見て家族が大爆笑・・・そして、大号泣・・・寄り添う家族たち。

 

過去は消せないけど、これからも寄り添って生きていく。

 

スポンサーリンク

劇団KAKUTAの舞台「ひとよ」を観た人の感想

 

2011年に書き下ろされて、2011年と2015年に劇団KAKUTAによって舞台化された「ひとよ」の感想がスゴイ!

 

 

また観たい!

 

 

引き込まれました!

 

 

「全部良かった」と最高の誉め言葉です!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

2019年秋に公開される映画「ひとよ」のネタバレ・原作とあらすじ・キャストについてまとめました。

 

主演の佐藤健さんが伸びきった髪に髭で、今までに見たことのない姿に話題が集まりそう!

 

2019年の公開映画をまとめました。

気になる記事がありましたら、ぜひ見てください。

2019年の公開映画まとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2019 All Rights Reserved.