ドラマと映画にツッコミたい!

【楽園】結末ネタバレ!犯人は誰?杉咲花と村上虹郎も怪しすぎる!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

映画「楽園」の結末をネタバレします。

 

衝撃的なラストの結末がある吉田修一さんの作品には、映画「悪人」(2007年)や映画「怒り」(2014年)などがありますから、結末に期待です!

 

楽園を知らない青年、楽園を探し求める少女、楽園を信じていた男―人はなぜ、罪を犯すのか?

 

映画「楽園」のあらすじと衝撃的な結末のネタバレをまとめます。

 

スポンサードリンク

 

映画「楽園」あらすじ

 

 

映画「楽園」の原作は、ベストセラー作家・吉田修一さんの小説です。

 

小説「犯罪小説集」の中の作品「青田Y字路」と「万屋善次郎」を混ぜた話で映画化します。

 

ある夏の日にY字路で起きた幼女誘拐事件は、未解決のままで、住民の胸に罪悪感だけが残って、事件直前まで被害者と一緒にいた紡(杉咲花)は心に深い傷を負いました。

 

その12年後、同じ場所で2つの悲劇が起こります。

少女が行方不明になって、町営住宅で暮らす中村豪士(綾野剛)が容疑者として疑われました。

 

豪士は追い詰められて、街へ逃れますが、疑われたことが嫌で衝撃の行動をします。

 

そして事件現場の近くの集落、愛犬と暮らす養蜂家の善次郎(佐藤浩市)は、村おこしの事業を進めていましたが、意見の違いから村八分になります。

 

善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件を起こします。

 

なぜ人は罪を犯すのか?なぜ自分だけ生き残ってしまったのか?

幼女誘拐事件の被害者の親友だった少女・紡(杉咲花)と容疑者の青年・豪士(綾野剛)と限界集落で暮らす男・善次郎(佐藤浩市)それぞれの人生が交錯するとき、物語は衝撃のラストへと導かれていきます。

 

罪を犯した人間と、取り巻く人々の業と哀しみ、犯罪をめぐる“喪失”と“再生”を描くヒューマン・サスペンスです。

 

スポンサーリンク

映画「楽園」の結末ネタバレ!

 

 

幼女誘拐事件が発生

 

ある夏の日にY字路で、小学生の藤木愛華が行方不明になる事件が起きました。

 

大人たちは、みんなで愛華の行方を探しましたが、見つからずに未解決のまま時が過ぎていきました。

 

ただ、湯川紡(杉咲花)の父親は、中村豪士(綾野剛)とY字路の用水路を捜索したときに、ランドセルは見つからなかったのに、後でその用水路でランドセルが見つかったことを怪しいと思っていました。

 

湯川紡(大人になって杉咲花)は、事件の時に愛華と一緒に帰っていて、Y字路で愛華と別れた後に事件が起きていたので、自分のせいだと心に傷を負っていました。

 

その時紡は、不機嫌で、愛華の誘いを断って、花冠を受け取らなかったことを後悔していました。

 

事件の状況を聞かれると、白か青のバンの車が現場付近に止まっていたといいます。

 

高校生になった紡は、父親が入院している病室にお見舞いに行った時に、豪士の母親と男の会話を聞いてしまいます。

 

「お前の息子は人殺しだ!」

 

そんな時に、あの日と同じY字路で、小学生が行方不明になる事件が発生します。

 

そこで、愛華の事件で怪しいと思われていた中村豪士(たけし・綾野剛)が疑われます。

 

いつの間にか誰もが豪士を犯人だと決めつけはじめて、逃げるところを追いかけます。

 

豪士は、油そば店に入ると、店や自分自身に油をかけて、ライターで威嚇しました。

 

豪士のアリバイが証明されますが、店に火が回って火だるまの状態(予告にあった)で店の外に飛び出してきました。

 

その後、女の子は警察に保護されて、犯人も捕まりました。

 

犯人じゃなかったのに、どうして豪士は自ら火をつけて、亡くなったのでしょう。

 

そして、事件の回想、愛華が紡に花冠を受け取ってもらずに別れると、白いバンが停まっているのを見つけます。

 

車では豪士が泣いていて、愛華は持っていた花冠を頭にのせてあげます。

 

愛華は一言声をかけて立ち去りますが、豪士は追いかけようと立ち上がり、花冠が落ちます・・・!

 

愛華の事件は豪士がやったような余韻を残して・・・!

 

他にも、紡(杉咲花)に想いを寄せている野上広呂(村上虹郎)は、天使なのか、悪魔なのか?怪しい役をしています。

 

スポンサーリンク

田中善次郎のエピソード

 

田中善次郎は、限界集落に住む老いた父親を介護するために、故郷に戻りました。

父親を看取った後も住み続けて、60歳を超えても集落では若者扱いで雑用を押し付けられていました。

 

生活のために始めた養蜂が軌道に乗って、村おこしをしようと集落は活気づきます。

 

善次郎はすぐに許可が下りるとは思っていなかったので、役所に率先して提案しに行って、村おこしに必要な助成金を申請しました。

 

しかし、それがすぐに通ってしまい、集落のまとめ役である伊作との関係に亀裂が生じます。

 

この件もあって、善次郎は村八分状態になって、家に引きこもってました。

 

その頃から家の前にマネキンを並べて、化粧を施し、服を着せるようになります。

 

また夜中になると念仏を唱えながら集落を徘徊するようになり、村民誰もが怖がっていました。

 

そして事件が起きます。

 

伊作を含めた六人の死体が発見されて、報道陣が殺到すると善次郎とレオの姿が見つからず、善次郎が疑われました。

 

犯人捜索が続く中、レオと被害者の飼っていたチョコという小型犬が見つかり、腹部を自分で刺して重傷を負った善次郎が見つかります。

 

救急隊員が善次郎を運ぶ中、チョコは何かを抗議するように救急隊員に噛みつきますが、すぐにあしらわれてしまいます。

 

すると今度はレオが唸りを上げ、恐怖を感じた警官が警棒でレオを殴ります。

 

おそらくかろうじて生きていましたが、レオが警棒で殴られたと同時に、亡くなってしまったのだと思われます。

 

善次郎は救急車に運び込まれ、扉が閉まったその時、レオが声を上げます。

 

それは吠えたのではなく、間違いなく何かを言おうとしている切ない声でした。

 

こちらも余韻を含めた終わり方で、意味深です。

 

この2つの話が交差して、どんな結末になるか、楽しみです!

 

2019年の公開映画をまとめました。

気になる記事がありましたら、ぜひ見てください。

2019年の公開映画まとめ

 

スポンサーリンク

まとめ

 

映画「楽園」の結末のネタバレをまとめました。

 

余韻を残したラストの結末はどのように描かれて終わるのか、楽しみです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2019 All Rights Reserved.