ドラマと映画にツッコミたい!

サイレントトーキョーネタバレ!犯人の結末に衝撃!中村倫也怪しい

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

映画「サイレントトーキョー」の犯人や結末をネタバレします。

 

12月の東京、平和で戦争など起きないと誰もが思っていた恵比寿で、爆弾テロが発生します。

 

次に爆破予告されたのは、人でにぎわうクリスマスイヴの渋谷です。

 

主役の世田警部補(佐藤浩市)が事件を追います。

 

怪しい登場人物が続々と登場して、犯人は誰?

 

最後の結末で発覚する意外な犯人とは、テロのきっかけとは!

 

映画「サイレントトーキョー」の犯人と結末をネタバレします。

 

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意ください!

 

スポンサードリンク

 

映画「サイレントトーキョー」のあらすじ

 

 

舞台は12月、クリスマス・イブを間近にしてにぎわう東京です。

 

「恵比寿ガーデンプレイスに爆弾を仕掛けた」とKXテレビにテロの爆発予告が届きます。

 

テレビ局の情報番組チームでバイトの来栖公太(井之脇海)は、現場に行くように指示されます。

 

恵比寿の現場を訪れると、ヤマグチアイコ(石田ゆり子)が爆弾の仕掛けられたベンチに座っていました。

 

「これは戦争です」犯人が言い残した言葉!

 

テロ犯の指示に従っていくうちに、来栖公太とヤマグチアイコは、犯人に仕立てられていきます。

 

次に予告があったのは、クリスマスイブでにぎわう渋谷!

 

予告通り、爆弾テロ事件が起きて、クリスマスイブの東京は大パニックに!

 

爆破テロ犯が東京の街を次々と狙う、恵比寿、渋谷、次はどこ?

 

しかも、連続爆弾テロ犯の要求は、首相の磯山審太郎とのテレビ生対談です。

 

しかし、首相はテロには屈しないと頑なな態度です。

 

安全な街と確信している東京に、高度な爆弾技術を持った人間が紛れ込み、報道の過熱やSNSでの拡散、「戦争だ!」と騒ぐ人も出て、国民を恐怖に陥れる。

 

テロを起こしたのは誰だ。テロに巻き込まれたのは誰だ。テロを止めるのは誰だ。テロ犯の動機はなに?

 

突如勃発した連続爆破テロ事件でパニックに陥る日本、そして事件へと巻き込まれていく登場人物たちの様々な思惑が交錯する、複数の視点で展開されるンストップ・クライムサスペンスです。

 

映画・サイレントトーキョーのキャストとあらすじ!中村倫也が爆弾テロにには、詳しいキャストあります。

 

スポンサーリンク

映画「サイレントトーキョー」の犯人と結末ネタバレ

 

登場人物が多く、誰もが怪しい状態で展開していきます。

 

渋谷で起きたテロのところからネタバレします。

 

渋谷で爆弾が爆発

 

誰もがいたずらだと思って、野次馬が面白がって、爆破予告時間に渋谷に集まりました。

 

そんな中、予告通りハチ公が大爆発して、大惨事になります。

 

綾乃(広瀬アリス)と真奈美は、ハチ公の近くにいて、テロに遭い、気づくと病院にいました。

 

須永が犯人?

 

病院も混乱していて、綾乃の容体はわからず、真奈美は家に帰ろうとしますが、鍵がないので、唯一持っていたスマホから、須永(中村倫也)に電話をします。

 

須永の事務所に入れてもらって、テロの話をしていると、須永が犯人しかわかりえないことを言いました。

 

犯人は須永なのでは?と思った真奈美は追いかけますが、逃げられました。

 

真奈美は、警察に行くと、たまたま会った世田(佐藤浩市)に話しました。

 

須永は福生市にあるカフェに向かっていた。

 

カフェの開店時間近くに店長の馬場が来て、須永は店に入りました。

 

一緒に店に入ったボクサー風の男と話しているうちに、世田(佐藤浩市)が現れて、須永に「お前が探しているのは誰だ?」という質問します。

 

須永は、真奈美が警察に話したのだと察して、取引を持ちかけます。

 

「犯人が捕まっても家族のことは公表されないようにしてほしい!」

 

須永は犯人ではありません!

 

犯人は須永の父親?

 

世田(佐藤浩市)と元ボクサー風の桑島と須永は、須永の父親の家に向かいました。

 

古くて狭いアパートには、須永が表紙になった雑誌がありました。

 

置いてあったメモには、爆発事件のあった恵比寿や渋谷の文字があって、最初の爆弾予告で爆発の起きなかった両国の文字もあったことで、犯人と確定しました。

 

しかも次に書いてあったのは、東京タワーとレインボーブリッジでした。

 

そこで、東京タワーに向かいます。

 

犯人は朝比奈仁?

 

東京タワーが見えるビストロ「KIRAKU」で、ヤマグチアイコ(石田ゆり子)が食事をしようとしていると目の前に朝比奈仁(西島秀俊)が現れました。

 

目の前に座った朝比奈に「あなた誰ですか?」と聞くと、種明かしをすることにしました。

 

あなたが辿っている場所は、昔、恋人に頼まれて、日本での新婚旅行の行先を考えたところと一緒だと伝えました。

 

朝比奈仁のかつての恋人のショーンは、上司のロブとヤマグチアイコの新婚旅行のために、プランを考えて欲しいと仁に頼みました!

 

それが両国と恵比寿と渋谷、東京タワーとレインボーブリッジでした。

 

そして、ショーンもロブもいない今、あんたを助けることが最後の仕事だと思っていると伝えました。

 

そこへ、たくさんの警官隊が店に飛び込んできました。

 

すると朝比奈は、バッグに爆弾が入っていると脅して逃げようとしました。

 

その時、世田と須永が姿を現しました。

 

朝比奈仁は、須永の父親でした。

 

幼い時に突然家を出た父親で、20年ぶりの再会でした。

 

ところが朝比奈仁は、息子との再会など目もくれずに、恋人とゆかりのあるヤマグチアイコとの会話を邪魔されたことを怒っていました!

 

そして、朝比奈仁は犯人ではなかった!

 

犯人は、ヤマグチアイコ

 

夫のロブとは、30才で初めてのハワイに行った時に知り合って、結婚していました。

 

ところが大きな仕事で中東に行った際に、部下をたくさん死なせてしまったことから、病んでしまって帰国しました。

 

突然、爆弾の知識をアイコに教えたいと言って、米軍で培ってきた爆弾の知識をアイコに教えました。

 

そして、全てを伝えて喜んだ次の日の朝、自ら命を絶ってしまいました。

 

ロブを失ったアイコは、日本に帰国した時に空港でテレビを見ました。

 

首相が「日本も戦争のできる国になるべきだ」と発言していました。

 

それを聞いて、戦争の苦しみを知らない人たちに、戦争とは何かを教えてあげることにした。

 

それがきっかけで、2人の思い出の地に爆弾を仕掛けていました。

 

スポンサーリンク

結末は被疑者死亡

 

朝比奈仁とヤマグチアイコが乗った車は、レインボーブリッジから落ちて、海の中で爆発しました。

 

朝比奈仁の遺体が発見されましたが、アイコの遺体は流されて発見されませんでした。

 

被疑者死亡で、爆弾の制作や運搬の謎や事件の詳細は発表されずに終わりました。

 

朝比奈仁はゲイで、ショーンを好きになって、家族を置いて家を出ていました。

 

須永が世田と取引をした通り、朝比奈仁の名前が世の中に出ることはありませんでした。

 

最後に、車が海に落ちる前、朝比奈はアイコに逃げるように言いました。

 

アイコが逃げてから、爆弾を爆発させて、アイコを救っていました。

 

2020年の公開映画をまとめました。

気になる記事がありましたら、ぜひ見て行ってください。

2020年の公開映画まとめ

 

スポンサーリンク

まとめ

 

映画「サイレントトーキョー」の犯人と結末のネタバレをまとめました。

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2019 All Rights Reserved.