ママFPの家計簿

70才で家計が破たんの危機!家計の工夫をわかりやすく、まとめます

子供の教育

小2息子の中間反抗期の対応に、限界がきた!

投稿日:2017年7月9日 更新日:

パーマリンクの説明小学校低学年のお子さんを持つママへ

低学年から始まると言われている「第2反抗期」来てますか?

小2の息子に反抗期が来てます。

対応に疲れます・・・

「ギャングエイジ」と言われる小学校低学年の反抗期を、わかりやすくまとめます。

スポンサーリンク

反抗期いつから来る?来た?時期

2歳くらいの「イヤイヤ」 第一次反抗期

何でも「イヤイヤ」言われて、ゲッソリしました。

「買い物に行くよ~」「イヤ!」「お風呂入るよ~」「イヤ」

自分の意思が出てきて、自分でやりたい、できると思っている・・・

自立の第一歩めです。

 

毎月届いていたベネッセの「こどもちゃれんじ」の対処法に救われました。

イヤイヤ期の対処法

・2つの選択肢を選ばせる

「お風呂に入る?入らない?どっちにする?」

「イヤ」とは答えられません。

自分で選んで、満足そうな顔をしてました。

 

2歳の時は、この方法で息子の「イヤイヤ」と私の「イライラ」を分散して、どう質問しようか、知恵比べになってました。

3歳になってすぐに、ピタッと終わって、驚いた記憶があります。

個人差があります。

スポンサーリンク

小学校低学年の「ギャングエイジ」 中間反抗期

小学2、3年生で来ると言われています。

息子は1年生くらいから反抗的になって、2年になって本格化してきました。

 

どんな反抗が起きるか

学校では、騒ぐ目立つタイプでなく、普通の子

でも家では、ギャングです。

「明日の準備したの?」「今やろうと思ってたのに~」口答えしてきます

「じゃ~言われる前にやればいいでしょ!」「わかってるよ!」キレます

こっちもキレます・・・

 

まさに、アメトーークの「中学イケてない芸人」で、サバンナ高橋が言っていた。

学校ではイケてないけど、おかんには強気!

 

学校で友達との生活に慣れてきて、自分の意思もはっきりしてきて、親の言いなりにはならない!自立の2歩め

 

反抗期と分かっているけど、ママもキレる!

わかっちゃいるけど、やめられない!

「もう、言わない!」と怒っている気持ちを落ち着けようとしても、怖い顔をしてるんでしょうね・・・

 

2歳の時よりは、言葉も自分の意思も成長してきてますが、まだ子供

怖い顔(してるつもりはありません!)を見て「ママごめんね~」とベタ~とくっついてきます。

ちょっと空気を読みます。

でも、30分後にはギャングに戻り・・・

親の反応を見ているところがあります・・・

パーマリンク

いい対応(余裕がある時にしかできません)
1 ママが間違っていた時は謝る

口答えで、たまに「ママだって、この前遅かったよね」と痛いところを突いてきます。

「ママは忙しいから」と口答えしそうになりますが、「そうだね。あったね。ごめんね」と言うと一気に落ち着いた顔になる。

 

2 「気持ちはわかったよ」と一旦受け入れる

気持ちを一旦受け入れますが、その後ダメなことはダメと言います。

頭ごなしにダメというと、耳をふさぐので、いくら言っても無駄

ちょっと、聞こうとする態勢になります。

 

3 気持ちを伝える

キレたとき、乱暴な言葉を使ったとき、怒鳴りたいのをこらえて、「バカって言われて嫌だった傷ついた。」と気持ちを伝えるとちょっと反省します。

1年くらい言い続けて、バカは言わなくなりました。

 

やってはいけない対応(わかっちゃいるけど・・・)

 

1 キレ返す

「え~ご飯美味しくなさそう」「食べなくていいよ!」

ついキレ返してしまいますが、後日「え~やりたくない」と言った友達に、「じゃ~やらなくていいよ!」と言ってました・・・

怖~まさに私が言っているキレ方 言葉・・・

親の背中を見て育ってます。

 

荒々しい言葉を使ってほしくないなら、親も気を付けます。

親が気をつけても、学校で習ってきますが・・・

 

2 頭ごなしに怒って、命令する

ついやってしまいますが、私も子供の頃、嫌でした。

一旦受け止めて→理由を聞く→子供に決めさせる

2歳のイヤイヤの時と一緒ですね・・・

子供に決めさせる・・・

 

3 追い込み過ぎない 逃げ場は作る

反論できなくなるまで、追い込みそうになりますが、逃げ場がなくなると暴力になりかねません。

友達にも同じことをする可能性があるので、逃げ場は確保

 

ママも耐えられなくなったら、くすぐっちゃう。

笑いに変える。

お互いウィンウィンで、話を聞ける態勢になれます。

小学校低学年の反抗期だから、まだ通用します。

中学生の反抗期にくすぐったら、軽蔑されそう・・・

 

4 もので釣る

これは、絶対しないようにしてます。

一番楽な方法です。

物で釣られないとやらない子になることが見えるので、やりません。

5 放っておく 無視する

パーマリンクの説明

対応に限界が来た!

子育ての本には、理想論「大きな気持ちで受け止める」「負けない 頑とした態度で」と書いてます。

そうしたいのはやまやまですが・・・

子育てに正解はありません。

 

この前、本を1日中 ねだられました・・・

息子はもうすぐ誕生日ですが、野球教室を始める時に「誕生日プレゼントはいらないから、野球をやりたい」と言いました。

たぶん半分は、お父さんに提案されて、言ったことです。

 

誕生日が近づいてきたら、「本当に誕生日プレゼントは無いの?」「安いものでもいいから、何か買って」言ってきました。

ここは負けちゃいけないと頑とした態度で「無いよ」と答えてました。

 

それから、1日中「本が欲しい」とねだられました。

「ここまで頑張るなら、本だし、いいかな」と「ここまでねだって買ってもえたら、次回もしつこくねだれば買ってもらえると思うはず、買わない」で葛藤しました。

1日中言われて、ゲッソリして、限界が来ました。

 

気持ちを正直に話すことにしました

「ママはどうしていいかわからないんだ。誕生日だし、買って喜ぶ顔が見たいよ。買いたい気持ちはあるけど、野球を始める時にいらないって言ったよね。これからの夏休みにも遊んだり、いろいろな楽しみもあるでしょ。全部は叶えられないよ。わがままな子供になってほしくないから言ってるよ。」

くすぐって、笑い合って、わかったような顔をしたので、理解したと思ってました。

次の日の朝

起きてすぐ「本当に買ってくれないの?」

この言葉にプチっと、頭の中で音がしました。

もう、全てがどうでもよくなって「買う」と言いました。

 

結果、買いました。

もう、無の極致です。

反抗期のバランス?

思春期の息子を持つ2人の友人

1人は、中間反抗期がキツくて、中学生になっても反抗期が無い。

1人は、中間反抗期が無くて、第2次反抗期が来た。

どっちかに、バランスがとれるものなのか?

反抗期には個人差があります。

まとめ

子育てで、やってはいけないことはありますが、ママだって「人間だもの」

ママの態度を見て、子供がどう思うか、どうするかだと思います。

 

本人もどうして、素直になれないのか、歯がゆいかもしれません。

まだ、8歳わかっちゃいるけど・・・

ただ、反抗期には終わりがきます。

待てません。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-子供の教育

執筆者:

関連記事

パーマリンクの説明

サーティワンアイスタワーが 子どもの誕生日におすすめ!価格は

息子の誕生日は、ケーキではなく、サーティーワンアイスクリームです。 誕生日にケーキが無いなんて・・・と思うのは、ママだけでした・・・ 子どもは大喜び!   うちは夏の誕生日だからいいけど、冬 …

パーマリンクの説明

ライオンズ ベースボールスクールは褒める野球教室!試合は合宿

  ライオンズ ベースボールスクール 昔の根性野球とは違う 驚きの今どきの教育方針!野球教室でした。 試合は、長期休みに1泊2日合宿に行ってやります! 入会して、練習、合宿について、ライオン …

パーマリンクの説明

子供の自立の第一歩 フランス流の子育て3つ

私の子育ての目標は、自立です。 精神的自立、経済的自立、両方です。 子供が自立できるか、どうかが、老後の生活費にも大きくかかってきます。 貧乏老後にならないために、自立の第一歩始めました。 フランスの …

パーマリンクの説明

夏休みは 羽田で「JALの整備場見学」パイロットの制服にテンション⤴

飛行機 空港 旅行 テンションが上がります! ひなとです! スマホの着信音は、空港の案内音です・・・   息子が小学生になったので、工場見学解禁! 羽田空港のJALの整備場見学に行きたい! …

パーマリンクの説明

キッザニアでこれは必須!子供はキラキラ 親はクタクタ

子供の頃、将来の夢は何でしたか? 今の子は、早くから明確に将来の目標を決めるらしいですね・・・ 子供はキッザニアがあっていいな!   キッザニアの公式サイトにはない、リアルなキッザニア情報を …

profile

Profile

こんにちは、ひなとです。
夫と小2の息子と3人暮らし

新米の ファイナンシャルプランナー

家計の見直し 工夫をしてます。

わかりにくいことをわかりやすく!

知らない人が損をする世の中に
ドロップキックします!