ドラマと映画にツッコミたい!

【ラストレター】森七菜が豪華キャストの中・2役に大抜擢の新人!

WRITER
 
ラストレター
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

岩井俊二監督の最新作映画「Last Letter」2019年公開です。

 

現在と過去が交差する切ないラブストーリー、かなりの豪華キャスト!

 

主演の松たか子・福山雅治・神木隆之介・広瀬すず・・・豪華キャストの中に、2役を演じる役に大抜擢されている新人・森七菜!

 

森七菜って誰?を書きます。

スポンサーリンク

【ラストレター】森七菜が豪華キャストの中・2役に大抜擢の新人!

スゴすぎる!豪華キャスト!

松たか子

主人公・岸辺野裕里(きしべのゆうり)43歳役に松たか子、漫画家の夫と2人の子供と暮らす主婦です。

 

夫役・岸辺野宗次郎(48歳)が、庵野秀明、エバンゲリオンのアニメーターが漫画家役で出演します。

 

2人の娘役の颯香(ふうか)14歳が、森七菜で、息子役の瑛斗がいます。

 

遠野鮎美(16歳)と裕里(松たか子)の姉・遠野美咲の高校時代(15歳)の2役を広瀬すずが演じます。

夏空

 

乙坂鏡史郎(おとさかきょうしろう)44歳役は、福山雅治で小説家、デビュー作品以来書けていない。

 

高校時代の鏡史郎(15歳)は、神木隆之介で、裕里が高校時代に転校してきた役です。

 

岩井俊二監督の「Love Letter」のアンサームービー

 

アンサーソングは、聞いたことがありますが、アンサームービーは初めて聞きました。

 

岩井俊二監督の脚本、オリジナル作品です。

 

岩井俊二監督の作品、中山美穂と豊川悦司の「Love Letter」小樽と神戸を舞台に撮影されたファンタジーな映画でした。

 

主人公・博子(中山美穂)が山で遭難して亡くなった恋人の中学時代の卒業アルバムの住所に手紙を書きます。

 

彼が昔住んでいた小樽へ出した手紙は、届くはずがないのに、手紙が彼と同姓同名の藤井樹(別人女性・中山美穂2役)へ届いて、彼女を通して恋人の過去に触れることで立ち直っていくストーリー!

 

「Last Letter」も、手紙のすれ違いによって浮き上がる学生時代のラブストーリーと、傷ついた心の再生や成長を描く話で、過去と今の手紙ファンタジーのような作品です。

 

手紙の謎が気になる!

Love Letterが公開された頃は、SNSもなくて、手紙を送っていた時代ですが、「今どき、手紙?」と思いますが、岩井俊二監督のアイデアがあるようです!

 

「今どき手紙?」を可能にするアイディアを思いついてしまったところからこの物語の構想がスタートしたと監督が語っています。

 

スポンサーリンク

映画ラストレターの過去と今の切なすぎる!あらすじ

隆之介神木

岸辺野裕里(松たか子)は、夫(庵野秀明)と子供二人(娘が森七菜と息子)の四人暮らしの主婦です。

 

裕里は、姉の遠野未咲の葬儀で、未咲の娘・遠野鮎美(広瀬すず)と久しぶりに再会します。

 

母親の未咲の死を受け入れられなくて、気持ちの整理がつかない鮎美は、母親から残された“一通の手紙”を開ける事が出来ませんでした。

 

裕里は、未咲宛に来ていた同窓会の知らせを見つけて、未咲の死を伝えるために同窓会に参加することにします。

 

未咲の同級生へ姉の死を伝えられずにいると、学校のヒロインだった未咲と間違われて、壇上でスピーチをする羽目になります。

 

真実を伝えられずにその場を乗り切ってしまったことで、裕里の初恋の相手で、小説家の乙坂鏡史郎(福山雅治)と再会します。

 

鏡史郎は、裕里を未咲と誤解したままで、連絡先を交換。

 

「君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?」鏡史郎から未咲宛のメッセージを受け取る裕里の胸中は複雑です。

 

未咲と間違われながらも初恋の人との交流は嬉しいから、鏡史郎へ返事を送ります。

 

夫にやりとりが知られぬよう、手紙には自分の住所や返信先を書かないで出しました。

 

返信先の無い手紙を受け取った鏡史郎は、昔の卒業アルバムを見て、未咲の実家に返信を送る。

 

今、美咲の実家に住んでいるのは、未咲の娘の鮎美(広瀬すず)でした。

 

亡き母宛に送られてくる手紙には、高校時代の鏡史郎(神木隆之介)と未咲(広瀬すず2役)の淡い思い出話が綴られていました。

 

葬儀後、気持ちが沈んでいた鮎美は、自分の知らない母に触れられる鏡史郎からの手紙に返信を書き、文通を心待ちにするようになっていきます。

 

人違いしたままの2人の恋心はどうなる?

 

裕里の夫や宗次郎の母(裕里の義母)の大学時代の教授も絡んでくるようで、三世代を超える何かがありそうな予感です。

 

映画【ラストレター】撮影ロケ地!福山雅治と松たか子が撮影中!の記事にも書きましたが、撮影は2018年夏に監督の故郷の宮城県で行われました。

 

スポンサーリンク

新人が二役に大抜擢の森七菜プロフィール

 

森七菜プロフィール

森七菜・もりなな

誕生日:2001年8月31日

大分県出身

身長:154㎝ A型

 

中学三年生の時に、家族と食事中に大分県内でスカウトされました。

 

デビューしてから、オーディションに次々と勝ち抜いていて、「オーディションにめっぽう強い15歳」と紹介されました。

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」(2017年)「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(2018年)に出演!

 

映画は1本「心が叫びたがってるんだ。」(2017年)では、石井杏奈の中学生時代役でした。

 

ラストレターは2役!新人で大抜擢がスゴイ!

ラストレターでは、主人公・裕里(松たか子)の娘・颯香(そよか)14歳役と松たか子の高校生時代の2役に大抜擢!

 

岩井監督は、オーディションで「この子しかいない」と抜擢したそうです。

 

広瀬すずも裕里の姉・美咲の高校生時代と美咲の娘・鮎美役2役ですが、新人女優・森七菜の大抜擢にこれからのブレイク感を感じます。

 

ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」でも、神木隆之介とも共演してましたが、2019年公開の映画【フォルトゥナの瞳】神木隆之介が有村架純と切ない恋!の記事にも書きましたが、こちらも切ないファンタジー作品です。

 

2018年、2019年の公開映画をまとめました。

気になる記事がありましたら、ぜひ見て行ってください。

⇒2018年、2019年の公開映画まとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ママFPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.