ドラマと映画にツッコミたい!

【天気の子】あらすじと感想・最後は陽菜の不思議な力で世界を救う

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

大注目の新海誠監督の最新作映画「天気の子」のあらすじと感想をまとめます。

 

2016年に社会現象を起こした映画「君の名は。」以来、3年ぶりの映画作品です。

 

映画館の予告の音楽と陽菜の透明感ある声に鳥肌が立ちました!

 

公開寸前まで完成していなかったし、前売り券が発売されていません!

 

2019年7月19日公開される映画「天気の子」のあらすじと感想、最後は陽菜の不思議な力で世界を救う?について書きます。

 

スポンサードリンク

映画「天気の子」のあらすじ

 

まずは、音楽と陽菜の声で、鳥肌が立つ予告を見てください!

 

 

映画「天気の子」のメインテーマは「僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語」です。

 

サブタイトルは「Weathering With You」意味は、あなたと風化

 

主人公の森嶋帆高(声・醍醐虎汰朗)は、社会からはちょっとズレていて、人はこう生きるべき、社会ではこういう人が求められるという価値観では生きていない男の子です!

 

高校1年生の夏の日、、離島から家出して東京にやってきました。

 

高校生ですから、すぐに生活ができなくなって、知り合いのいない東京で、孤独な毎日を送っていました。

 

須賀圭介(小栗旬)は、小さな編集プロダクションを営むライターで、東京行きのフェリーで帆高と出会って住み込みで働くように雇ってくれました。

 

しかし、任された仕事は、怪しげなオカルト雑誌「ムー」のライター業でした。

 

夏美(本田翼)は、須賀(小栗旬)の姪で事務所で働く女子大生です。

 

毎日、降り続ける雨の中で、帆高は一人の少女・陽菜(声・森七菜)に出会います。

 

陽菜は、母親を病気で亡くしてから、小学生の弟・天野凪(吉柳咲良)とふたりで暮らす明るくてたくましい少女です。

 

陽菜が「ねぇ、今から晴れるよ」というと、少しずつ雨が止んで晴れた100パーセントの晴女!

 

陽菜は、祈るだけで、空を晴れに出来る不思議な力を持つ100%の晴れ女でした。

 

老婦人の冨美(倍賞美津子)は、帆高と陽菜に初盆が晴れるようにお願いしました。

 

都内で起きた事件を追って、須賀の事務所を訪れる老刑事・安井(平泉成)や安井の相棒の刑事・高井(梶裕貴)も登場します。

 

そんな中、2人の恋物語は美しく切なく、新たな時代を迎えるあらゆる世代、全世界へメッセージです!

 

天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される帆高と陽菜の2人が自らの生き方を「選択」する物語です。

 

スポンサーリンク

最後は、陽菜の不思議な力で世界を救う

 

 

帆高は「あの光の中に行ってみたかった」あの光の中とは、積乱雲の上です!

 

積乱雲は、成長して雲の発達できる限界の高さに接したときに、横に広がります。

 

そこは、広い平原のようになっていて、陽菜が飛んでいる地上からは見えない場所です。

 

2人が見つけた落ち着ける居場所は、積乱雲の上でしょう。

 

しかし、空の上のはずなのに、魚が泳いでます。

 

空と海が逆転?

 

タイトルの「天気の子」の子は、男女でもなく、人類全体を指すかもしれない言葉として付けられています。

 

サブタイトルの「Weathering With You」意味は、あなたと風化!

 

Weatherという言葉を付けたかった新海誠監督は、嵐とか風雪とか、何か困難を乗り越えるという意味も含ませています。

 

深すぎる!物語のどんな伏線につながっているのでしょう。

 

映画「天気の子」は、何か大きなものを乗り越える物語もありますから、帆高と陽菜が自らの生き方を見つけていくあらすじの他にも、壮大なストーリーがあります。

 

天候の調和が狂ってきている時代に、陽菜の不思議な力で天候を変えて、世界を災害から救う!

 

須賀圭介(小栗旬)が「少年もう大人になれよ」

 

帆高は、刑事(梶裕貴)に何度も捕まりそうになります。

 

帆高は、陽菜とのことを過去のことのように、振り返っているように話しています。

 

映画「君の名は。」にもあったように最後に衝撃の事実がありそうですね!

 

天気の子の詳しいネタバレ!結末や四葉、滝や三葉の登場シーンをまとめました。

 

映画【天気の子】陽菜の声優キャストは森七菜!ネクスト広瀬すずが可愛いには、3年A組でも大注目だった現役高校生のプロフィールあります。

 

スポンサーリンク

映画「天気の子」の感想

 

 

映画が公開されるのは2019年7月19日です!

 

映画館で観た予告では、三浦透子さんの歌声と陽菜(森七菜)の声に鳥肌が立って、RADWIMPSの曲に涙が出ました。

 

君の名は。よりもかなり、切ない雰囲気です。

 

当日、観に行ったらすぐに感想を追記します。

 

映画「天気の子」のビジュアルポスターでは、積乱雲の上にできた広場に陽菜が飛んでいます。

 

新海監督は、まだ秘密と言っていましたが、ここが帆高と陽菜の居場所になるでしょう。

 

そして、ポスターの下には海と魚?イルカ?も描かれていて、空と共に海も鍵と監督が言っています。

 

「君の名は。」のように、陽菜の正体が気になります。

 

天気を晴れに変えられる不思議な力を持つ陽菜ですから、人間じゃない?妖精的な?魔法使い?

 

現代の東京が舞台ですから、リアルな街並みが再現されて、「君の名は。」のように聖地巡礼が起きそうですね。

 

【三浦透子】歌手プロフィール!歌声がスゴイ!天気の子の主題歌に抜擢されています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

社会現象になった「君の名は。」の新海誠監督の最新作、映画「天気の子」のあらすじは、居場所のない帆高と天気を変えられる不思議な力を持つ陽菜が出会って、自らの居場所を見つけていく物語。

 

最後には、壮大な事実がありそうな作品です。

 

2019年の公開映画をまとめました。

気になる記事がありましたら、ぜひ見て行ってください。

⇒2019年の公開映画まとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2018 All Rights Reserved.