ドラマと映画にツッコミたい!

ホテルローヤル映画のネタバレ!波瑠が脱ぐ?ラブホテルの男と女の話!

WRITER
 
ホテルローヤル映画のネタバレ!波瑠が脱ぐ?ラブホテルの男と女の話!
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

映画「ホテルローヤル」の結末までのあらすじやネタバレをまとめます。

 

主演が波瑠さんですが、意外なことにRG12の作品です。

 

武正晴監督の映画は『百円の恋』(安藤サクラ)や配信ドラマ「全裸監督」(山田孝之)などの話題作で衝撃作品があります。

 

原作の小説とは少し違うようですが、あらすじでは波瑠さんが脱ぐと予想されます。

 

全裸監督のようにジワジワ話題になること間違いなし!

ねこまろ

 

映画の撮影は、ロケ地の北海道札幌や釧路で行われて、2020年11月13日公開予定です。

 

そんな映画「ホテルローヤル」のキャスト・あらすじやネタバレをまとめます。

 

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意ください!

 

スポンサードリンク

映画「ホテルローヤル」のキャスト

 

 

田中雅代は波瑠

主演の波瑠さんは、主人公で父親が開業したラブホテル「ホテルローヤル」の経営者を引き継ぐ娘役です。

 

田中大吉は安田顕

雅代の父親で、ホテルローヤル創設者で、妻と別れて、愛人とホテルローヤルを始めました。

 

ホテルの建築から、廃業まで長い年月で、年を重ねていく様子は、特殊メイクをしています。

 

原作者の桜木紫乃さんの強い希望で、何年も出演を打診して出演が決まったようです。

 

るり子は夏川結衣

 

ホテルを創業することを同意する大吉の愛人で、雅代の母親です。

 

しかし、家庭を顧みなくなった大吉に愛想を尽かせると、青年(稲葉友)と駆け落ちをしていなくなりました。

 

山田ミコは余貴美子

ホテルローヤルの清掃員で、息子が事件を起こします。

 

加賀屋美幸と木内貴史は冨手麻妙と丞威

廃墟になったホテルローヤルで、ヌード写真を撮ることになる女性・加賀屋美幸(冨手麻妙)です。

 

撮影するのは、彼氏でカメラマンの夢を追いかけようとする木内貴史(丞威)です。

 

スポンサーリンク

映画「ホテルローヤル」のあらすじ

 

 

舞台は、北海道の湿原の近くにあるラブホテル「ホテルローヤル」

 

看板屋を営んでいた田中大吉(安田顕)が、バブル景気に乗って創業したホテルです。

 

それから30年後、大吉が入院したことで、一人娘の雅代は、父に代わってホテルを経営することになりました。

 

ホテルローヤルには、いろいろな問題や悩みを抱えたわけありな男女が訪れます。

 

そんなホテルに訪れる男女や従業員、経営する雅代の家族などの人間模様が描かれます。

 

それだけではない、ホテルローヤルが廃墟の状態から始まって、時代をさかのぼってつながっていく物語です。

 

スポンサーリンク

映画「ホテルローヤル」のネタバレ

 

 

ホテルローヤルが廃墟

 

最初は、ホテルローヤルが廃墟の状態です。

 

木内貴史(丞威)は、元アイスホッケーのスター選手で怪我で引退した後に職を転々として、加賀屋美幸(冨手麻妙)が勤めるスーパーに入社してきました。

 

美幸は、木内貴史が中学校の同級生であることに気付いて、2人は付き合うことになります。

 

貴史は選手時代の交遊関係もほとんど断っていて、カメラが唯一の趣味でした。

 

ある日、貴史は廃墟となったラブホテルで、ヌード写真を撮影をしたいと言い出しました。

廃墟のラブホテルは、白壁が半分以上はがれ落ちていて、草に覆われた看板は「ホテルローヤ」までの文字しか確認出来ません。

 

写真撮影が終わった後に、貴史が語ったのは、雑誌のカメラマンになるという夢でした。

 

ホテルの創業者が亡くなっていた

 

養護施設を出て、お寺に嫁いだ幹子は、貧乏なお寺の役に立ちたいと、お布施を得るために、複数の檀家と関係を持っていました。

 

ある檀家の息子・佐野に抱かれたときにお布施をもらいませんでした。

 

佐野のことを好きになってしまった!

ねこまろ

 

しかし、佐野は接待として幹子を使いたいと言い出します。

 

ホテルローヤルの創業者が、死ぬ間際に言い残した言葉「本日開店」と幹子の状況が重なっていきます。

 

そして、ある老人から、ホテルの創業者が亡くなったことを聞きました。

 

話はさらにさかのぼっていきます。

ねこまろ

 

ホテルを廃業する

ホテルの創業者から、経営を引き継いだ田中雅代は、29才になっていました。

 

ホテルはすっかり客足が伸び悩んでいて、9月で営業を終えて廃業することにしました。

備品を出入りの業者に連絡して、全て引き取ってもらい処分することになりました。

 

雅代は、アダルトグッズ業者の宮川聡史(松山ケンイチ)が、商品を使ったことがないと言ったことから、自分も10年以上も行為をしていないことに気づいて宮川を誘います。

 

雅代役は波瑠さんですが、まさかの脱ぐ展開になるのでしょうか!

ねこまろ

 

ホテルの廃業理由

 

ある日、ホテルに訪れた夫婦は、舅と同居しているので、夜の生活を営めないという事情を抱えていました。

 

お盆に僧侶(幹子の夫)が訪れなかったために、浮いたお金で、ホテルに行こうという話になって、展開されます。

 

そして、明かされるホテルが廃業になった理由の心中事件!

 

単身赴任をしている高校教師(岡山天音)は、妻が自分を紹介してくれた先輩教師と20年間不倫していたことを知りました。

 

今まで耐えてきましたが、妻に内緒で突然帰ろうと思いつきます。

 

その途中で出会った家出少女まりあ(伊藤沙莉)と一緒にホテル「ローヤル」に行きます。

 

親に捨てられたというまりあと高校教師は心中事件を起こします。

 

雅代がホテルを継ぐ

 

ホテルローヤルの開業から30年、大吉は60才を過ぎて肺を患って入院しました。

 

それからホテルの経営を引き継いだのは、一人娘の雅代でした。

 

雅代(波瑠)は、高校を卒業して、美大受験に失敗して実家にいる居心地の悪さを感じていました。

 

ホテル仕事を手伝うことになって以来、事務室で寝泊まりするようになり、受け付け業務からベッドメイクに風呂掃除まで全てひとりでこなしています。

 

雅代は、少し冷めた目でホテルの客たちを眺めながら、誰にも心を見せず開かず無表情を貫き、黙々と仕事に励んでいました。

 

そんな中、ホテルローヤルでパート従業員として働く山田ミコ(余貴美子)がいます。

 

今年で60才の還暦を迎えたミコには、10歳年下の夫・正太郎がいます。

かつてはサンマ漁師でしたが、10年くらいは職に就いていません。

 

山奥にある家は、ミコの両親が残したもので、24歳の長男、22歳の次男、20歳の長女がいましたが3人とも中学校卒業後に家を出て以来音信不通です。

ある日のニュース番組で、ミコの次男が死体遺棄事件の容疑者として報道されます。

 

事件のことで自分を見失って、家とは逆方向の林の中で、座っていました。

 

そこへ、夫が探しに来て「星を見てた」と答えて、2人で帰りました。

 

ホテルローヤルの開業まで

 

主人公の雅代(波瑠)の父親の田中大吉(安田顕)は、30才から看板屋を営んできましたが、人生を賭けた一発勝負を考えていました。

 

時代はバブル経済の真っ只中で建設ラッシュが起きていました。

 

42才の大吉は、無担保・無保証でオーナーになれるホテル経営を計画していますが、妻や義父から反対されています。

 

そのことから、夫婦関係も悪くなっていきました。

 

そんな中、団子屋のるり子(夏川結衣)が大吉の計画に賛成したことから、妻子がありながら不倫関係に陥って妊娠が発覚しました。

つわりで苦しんでいたるり子のために、高級なローヤルみかんを百貨店で購入したことがきっかけで、ホテルの名前が「ローヤル」に決まります。

 

大吉は、覚悟を決めて離婚届けと契約書にハンコを押しました。

 

一人娘の雅代は、愛人のるり子との子だったことがわかりました。

 

ホテルローヤルと雅代を中心に時代をさかのぼりながら、つながっていく、最後には家族の話になっています。

 

2020年の公開映画をまとめました。

気になる記事がありましたら、ぜひ見て行ってください。

2020年の公開映画まとめ

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ホテルローヤル映画のネタバレ!波瑠が脱ぐ?ラブホテルの男と女の話!をまとめました。

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2020 All Rights Reserved.