映画

【十二人の死にたい子どもたち】7番アンリと9番ノブオは早く来たのに!

投稿日:2018年9月22日 更新日:

十二人の死にたい子供

2019年1月公開の映画「十二人の死にたい子どもたち」

映画が公開されることが発表されましたが、キャストの顔が塗りつぶされている!

 

不気味なタイトルですが、怖い映画ではありません。

密室しゃべくりミステリー

 

「死にたい」と思って集合した12人ですが、謎の13人目がいた!

 

目的を実行するには、賛成に全員一致することがルールです。

謎の13人目がいることで、反対意見が出て、話し合いになります。

 

13人目は誰?

13人目の大きな鍵を握る、7番・アンリと9番・ノブオに迫ります。

13番目(0番)と12番にも迫ります。

 

ネタバレがあります。

知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

【十二人の死にたい子どもたち】7番アンリと9番ノブオは早く来たのに!

原作は小説です。

死にたい子供たち十二人

 

2015年に文藝春秋で連載されていた作品

SF小説や時代小説「天地明察」(岡田准一で映画化)を書いた冲方丁先生

 

デビュー20年目に書いた現代長編ミステリーです。

 

登場人物が12人出てくるので、混乱!整理しながら読む必要があります。

読みやすい!ありがたい!漫画も発売されています。

12人の死にたい子どもたち

特徴と誰の発言なのかがわかりやすい漫画版

コミックは、2巻発売されてますが、3巻目の発売は11月?予定になってます。

 

コミックは、完結していません。

監督のコメントがヤバい!

映画「十二人の死にたい子どもたち」は、堤幸彦監督の作品

「ケイゾク」や「TORICK」「SPEC」「池袋ウエストゲートパーク」などのコメディタッチなドラマや映画は、独特のシュールな演出でおもしろい!

 

シリアスや社会派映画も公開している監督です。

不吉なタイトルにアップテンポなリズムの曲!

 

もう、おもしろそう!と期待しかない!

堤幸彦監督のコメントがヤバい!

「十二人の子どもたち」を演じた、これからの日本を背負う若き役者達がヤバい。
「死にたい=集団安楽死」というテーマが、相当、ヤバい。
撮りながら、今まで感じた事がない、自分の細胞が総毛立つ瞬間が何度も何度もあった。
やっぱりヤバかった。
たくさんの意味で。
どうしよう…。
面白すぎて人に観せたくないぞ。
棺桶に持っていきたいけど、そうはいかないだろうなあ。

映画「十二人の死にたい子どもたち」公式サイト 監督コメントより

 

映画は、2019年1月公開です!

 

公開まで、キャストは明かされないのでしょうか?

ひとりずつジワジワ公開していきそうな雰囲気

深い!おもしろい!あらすじ!

誰だろう?特報映像です

ひとりずつ「死にたい」と言っていますが・・・

 

「顔と音声が一致しているとは限りません」と公式Twitterに書かれてます。

声が入れ替わっている可能性あり

 

1番のサトシが主催する「集い」サイトで集まった12人

「死にたい」と思っている10代の未成年

 

集合は、昼12時に廃墟になった病院の地下室

 

方法は、12人同時の安楽死

ただ、12人の意見が合わないと実行できないというルールがあります。

 

それぞれの自由意志は尊重されていて、途中で退出することもできます。

退出した場合は、今までのことは秘密にすること

 

主催者のサトシに指示されたように、病院に入ります。

病院に来た順番に金庫にある番号を取っていきます。

 

1番 サトシ

「集い」サイト主催者14才、病院の全てを一人で準備した

 

2番 ケンイチ

気にしいだけど、空気を読まず発言する、居場所が無い孤独な16才

 

3番 ミツエ

ロリータファッション、実行したくて急いでる、実行できないと攻撃的な発言をする

 

4番 リョウコ

帽子とマスクを外さない、発言もあまりせず控えめ

 

5番 シンジロウ

帽子、謎解きパズルが生き甲斐、リーダーシップをとって、積極的に提案する

 

6番 メイコ

芯の強さを感じる、とにかく早く実行したい、反対する人には攻撃的

 

7番 アンリ

黒髪ロングヘア、クールで理知的、大人びている

 

8番 タカヒロ

薬で常に眠たい、みんなと違うことをするのはしんどい、おっとり系

 

9番 ノブオ

眼鏡をかけている、冷静で聡明な高校生

 

10番 セイゴ

ワイルド系、金髪、たばこを吸う15才、

 

11番 マイ

金髪のツインテール、元気で明るい、軽いノリの女子高生17才

 

12番 ユキ

大人しい、無口

 

12人がそろったと思った時、13人目がいた!

最初から、地下室に用意されていたベッドに1人寝ている?死んでる?

 

テーブルには、大量のクスリと水と車いすが置いてあります。

1番のベッドに寝ていたので、誰もが1番だと思っていたら、1番の番号を持ったサトシが入ってきた!

 

「誰?」誰もが疑問に思いますが、サトシは12人にしか発信してないし、侵入したと思えません。

集合時間の昼の12時になったので、実行の採決をします。

 

結果は、実行に賛成11人、反対1人

反対したのは、2番のケンイチでした。

 

実行のルールは、全員一致すること!

全員が納得して賛成になるように話し合いを始めます。

 

12人の「死にたい」を実行するにしても13人目(0番とする)をどうするか。

寝ている?死んでる?状態

 

意思確認できない状態なので、一緒に実行するわけにもいかず、外に出すわけにもいかず。

0番がどうやって来たのか、車いすで実況見分したり、誰かが連れてきたのか探ります。

 

早く実行したい人たちが結論を急かせたり、攻撃的に「出ていけ!」

目的に向かって心理戦を繰り広げます。

 

ひとりひとりの「死にたい」理由を発表することで、自分と比べたり、賛否両論!

0番をどうするのか。どんな結論に達するのか。

 

学校と家庭の狭い世界で悩んでいる十代に観てほしい作品です。

映画のタイトルを言ったら、心配されそうですが・・・

スポンサーリンク

上から目線の7番・アンリと冷静な9番・ノブオ

12人の死にたい子どもたち

漫画でわかりやすいビジュアル!

アンリは、中央のロングの黒髪、ノブオは、アンリの隣のめがね男子です。

 

大人びた7番アンリ

黒髪のロングヘアに黒い服

クールで理知的に見えるアンリ

 

とにかく「死にたい」を実行したい

実行に向かうように、11人を論破しようとします。

 

話し合いのリーダーをしているシンジロウに口をはさんで、結論を早く出して実行したい。

上から目線で押さえつけようとする態度に、6番のメイコはイライラ

 

「最初から嫌いだった」メイコは、心理戦でアンリを貶めようとします。

頭のいいアンリは、それに気づいて、メイコを逆に陥れます。

 

絶対に実行したいアンリが、全員を論破しようとして言った言葉が全員の反感を買います。

7時間に渡った話し合いが終了しました。

 

7番・アンリが実行したい理由

誰もが自由に大きな選択を為せる社会にするため

社会のため?11人の誰もが理解不能???

 

生まれてくることも死ぬことも安楽死も認められる社会にしたい。

 

不妊報酬制度を社会に主張したい???

貧困の国などにある制度で、不妊手術を受けた人にお金を払う制度でした。

 

アンリは、生まれつきの病気でした。

母親が梅毒にかかったままアンリを産んだために移りました。

 

病気は完治しましたが、母親を許せない!

子供は親を選べない。産む資格のない人は不妊するべきだ。

 

母親や父親のせいで、生まれてきたことで苦しめられる子供がいなくなるように、この制度を社会に認めさせたい

 

12人が死ぬことでニュースになって、死ぬ権利も主張できる

「私たちがそもそも生まれるべきではなかった」と主張するために実行したい

 

11人に沈黙が起きて、みんなが理解不能になりました。

ひとりひとり死にたい気持ちはあったけど、生まれてこなきゃよかったとは思っていませんでした。

 

アンリの意見は11人から反感を買いました。

 

アンリのキャストは、杉咲花との予想を見ました。

花晴れ

花のち晴れの音役で、ハキハキ毒舌だった杉咲花

大人びた上から目線のクールなアンリに、可愛らしい声が似合わない・・・

9番のノブオは重要人物!

冷静なメガネ男子

話し合いの中では、あまり発言をしませんが、重要人物です。

 

車いすの実況見分の後に、階段から突き落とされて、不明になります。

自由意思で帰ったと思われてました。

 

行方不明のフリをして、みんなの話し合いを聞いていました。

ノブオが実行したいわけ

高校生の時、同級生の1人が中心になって、ノブオはいじめられていました。

誰かが解決してくれると期待していましたが、期待は裏切られました。

 

耐えられなくなって、いじめていた同級生を突き飛ばしたら、川に転落して死んでしまいました。

でも、事故として処理されて、苦しんでいました。

 

誰かに聞いて欲しい、告白したい・・・

9番のノブオのキャスト予想は、北村匠海ほぼ確定?

 

本当の1番はアンリ

実は、アンリとノブオは早く来ていました。

アンリが1番、ノブオが2番

 

でも2人は、すぐに番号を取りに行かずに、来る人の様子を見ていました。

外を見ていた時に、車いすを押してきた女性が見えました。

 

手助けをしようと入口に行くと、車いすに乗った男性が放置されていました。

このままでは、問題になって実行できなくなる!

 

危機感を感じたアンリとノブオは、車いすに乗った0番をみんなにバレないように隠しながら、地下室に連れて行きました。

アンリが見張りをしながら、連携をして、ノブオが0番を運びます。

 

アンリの判断で、0番を1番のベッドに寝かせて、クスリや水を置きました。

0番は、12番のユキが連れてきた兄でした。

 

12番のユキが実行したい理由

大人しく、話し合いの時も全く話さない12番のユキ

兄の自転車の後ろに乗せてもらった時に、ふざけていた時、交通事故を起こしてしまいました。

 

兄は、植物状態になって、ユキは左腕に後遺症が残り、握力がほとんどありません。

事故が起きたのは、自分のせいと責めていました。

 

植物状態の兄と「集い」に参加しようとしましたが、12人になって締め切りになったり、メアドが1つしか無くて無理でした。

2人で実行するなら、許してもらえると思って、車いすを押してきました。

 

ところが、左腕が不自由なユキが、自動ドアの様子を見に行った隙に、アンリとノブオが0番を移動していたので、とっさに隠れてしまいました。

12番の番号を持って、地下室に行くと兄が1番のベッドに寝ていました。

 

12番のユキのキャストは、竹内愛紗(16才)との予想を見ました。現役高校生です。

竹内愛紗

キャストがわかりしだい追記します。

 

【十二人の死にたい子どもたち】心理戦がおもしろい!ネタバレなあらすじ

 

【十二人の死にたい子どもたち】重要人物の5番シンジロウとくせ者6番メイコ

スポンサーリンク

-映画

執筆者:

関連記事

町田くん

【町田くんの世界】ロケ地!普通な愛され男子の撮影は佐野・海老名!

少女漫画「町田くんの世界」が実写映画化 ごく普通の高校生・町田くん   少女漫画にありがちな「イケメン」「天才」「スポーツ万能」などのキーワードは全てありません。   どこにでもい …

ニセコイ

【ニセコイ】撮影ロケ地まとめ!ギャングの抗争と楽の家は前橋

映画「ニセコイ」人気漫画を実写化 中島健人と中条あやみのW主演   2018年12月21日公開です。 ロケ地で撮影を進めながら、SexyZoneのライブをしています。   エキスト …

太陽は動かない

【太陽は動かない】世界で撮影ロケ地!新人が藤原竜也の高校時代役?

スパイ超大作「太陽は動かない」が映画化・ドラマ化されます。 映像化は、不可能と言われていた世界中で展開される大規模なストーリー   主演は、藤原竜也 かなりのハードボイルドアクションあり! …

ニセコイ

【ニセコイ】の主題歌はSexy Zoneで決まり!映画の前にドラマもあり!

映画「ニセコイ」 12月21日公開 中島健人と中条あやみの学園ラブコメディ!   「もやし男」の一条楽と「ゴリラ女」の桐崎千棘のニセの恋人から始まる「ニセコイ」   高校生の日常・ …

十二人の死にたい子供

【十二人の死にたい子どもたち】暗くないあらすじ!13人目がいた!

  「十二人の死にたい子どもたち」が実写映画化されます。 タイトルは不吉だけど、デスゲームじゃない!   「バトルロワイヤル」のようなデスゲームをイメージしてしまいますが、違います …

profile

 

こんにちは ひなとです

ドラマと映画が大好き!

共感、反感、ザワザワ何かのきっかけになったら嬉しいです