ドラマと映画にツッコミたい!

461個のおべんとうのキャストとあらすじ!道枝駿佑の男の約束と恋

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

映画「461個のおべんとう」のキャストとあらすじをまとめます。

 

ミュージシャンのシングルファーザーが悪戦苦闘しながら、高校生になった息子のために3年間、461個のお弁当を作った父親と息子の親子の絆の物語です!

 

キャストは、ミュージシャン仲間や高校生の生徒役も話題になりそうです!

 

井ノ原快彦さんのソロデビューの可能性もありそうです!

 

2020年秋に公開される映画「461個のおべんとう」の原作とキャスト・あらすじをまとめます。

 

スポンサードリンク

映画「461個のおべんとう」の原作

 

 

映画「461個のおべんとう」の原作は、自伝のお弁当エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(2014年出版)です。

 

著者は、ヒップホップのTOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美さんで、実際に息子さんのために作ったお弁当をSNSで発信していたものとエッセイをまとめたものです。

 

シングルファーザーの父親と難しい年ごろの息子の交流が温かく描かれた笑いあり、涙ありのエピソードです。

 

お弁当レシピ本だと思って読んだ人から、「料理本で泣いたのは初めて」「温かい父子関係に憧れる」「家族の意味を考えさせてくれる特別なお弁当エッセー」など、反響を呼びました。

 

2015年には、漫画化やドラマ化「461個のありがとう。~愛情弁当が育んだ父と子の絆~」(別所哲也主演・NHK BSプレミアム)もされています。

 

そして、2017年には、映画『パパのお弁当は世界一』で、渡辺俊美さん(TOKYO No.1 SOUL SET)は父親役で、映画初主演で俳優デビューしています。

 

この映画は、高校生の娘のために弁当を毎日作り続けた父親と、それを毎日食べた娘の高校生活3年間の実話を元にした話で、渡辺俊美さんのエッセイとリンクするので、娘役の武田玲奈さんとダブル主演に抜擢されています。

 

スポンサーリンク

映画「461個のおべんとう」のあらすじ

 

まずは、ホッコリできるメイキング映像を見てください!

 

 

主人公の父親の鈴本一樹(井ノ原快彦)は、長年連れ添ってきた妻と別れることを決意して、息子・虹輝(こうき・道枝駿佑)が父を選んでくれたことで、シングルファザーになって息子と2人で暮らすことになります。

 

ところが虹輝は、15歳と多感な時期なので、一樹は虹輝に対する罪悪感に苛まれていました。

そんな時、虹輝が高校受験に失敗したので、虹輝に「学校だけがすべてではない。自由に好きなように育ってくれたらそれでいい」と話しました。

 

しかし、虹輝は「高校へ行きたい」といい、翌年の春、高校に合格します。

 

一樹は、「学校の昼食なんだけど虹輝はどっちがいいの? お金渡して自分で買うのと、父さんが作るお弁当」と質問をしました。

 

すると虹輝は、「父さんのお弁当がいい」と言います。

 

この瞬間から、父親の「3年間、毎日お弁当を作る!」息子の「3年間、休まず学校へ行く」という男の約束が生まれます。

ミュージシャンとして慌ただしい毎日の中、お弁当を通して交錯する父と息子の想い。

 

ライブの翌日も、二日酔いの朝も、早出の朝も…一樹の怒涛のお弁当作りが始まります。

 

映画の撮影は2019年10月1日にクランクインして、クランクアップしています。

 

スポンサーリンク

映画「461個のおべんとう」のキャスト

 

 

鈴本一樹は井ノ原快彦

 

主人公・鈴本一樹(父親)役は、V6の井ノ原快彦さん(43才)で、映画の主演は2007年の初主演作「天国は待ってくれる」以来13年ぶりです。

 

NHK「あさイチ」のキャスターを8年間務めた親しみやすい人柄に着目されて、「少年らしさと同時に優しさがあふれる今回の父親役には井ノ原さんがぴったり」で抜擢されています。

 

井ノ原快彦さんは「この作品はお弁当を作るシーンも多いので自宅で料理の勉強をしています。特に、卵焼きは1日3個は作るようにしています」と、役作りをしています。

 

「撮影中は毎日2人でお弁当を食べたり、撮影がないときでも他愛のないメールをして仲良くしてもらっています。本当に息子でもおかしくない歳の差ですが、2人で話しているときは楽しくて、僕の知らないゲームや音楽を教えてもらったり、なんだか新しい友達が出来たような気持ちです」

 

鈴本虹輝役は道枝駿佑

 

息子の鈴本虹輝役は、関西ジャニーズJr.のユニット「なにわ男子」に所属する道枝駿佑さん(17才)が抜てきされました。

ドラマ『母になる』(2017年・沢尻エリカ主演)の柏崎広役で話題になりました。

道枝駿佑さんは、「井ノ原さんが『親子だから、敬語じゃなくてタメ口でいいよ。怒らないから大丈夫だよ』と言ってくださったので、敬語を使わずにお話しています」と井ノ原さんから連絡がきたエピソードを話しています。

 

「ちょっと気を遣うところもありますし、探り探りなところもありますが…。

僕がスタッフさんにお芝居を確認したい時、井ノ原さんは(自分の演技とは)関係ないのに、いつも段取りに付き合って下さったり、いつも笑顔ですごい優しい方だなという印象です。」

 

虹輝の母親・浅井周子役は映美くらら

 

虹輝を優しく支える母親・浅井周子役は、元宝塚歌劇団月組トップ娘役の映美くららさんです。

 

元妻ではなく、一樹の再婚相手と思われます。

 

仁科ひろみ役は、森七菜

 

同級生・仁科ひろみは、学校で孤立する虹輝を何かと気にかけて、お弁当をきっかけに仲を深めていく。

虹輝の恋の相手!

 

田辺章雄は若林時英

 

田辺章雄役は、ひろみと一緒に虹輝を気にかけていく、虹輝のお弁当が気になるクラスメイト。

 

若手実力派俳優の若林時英さんです。

 

一樹が所属するバンド

 

  • バンドのマネージャー・徳永保役は、野間口徹さん
  • バンドメンバーの古市栄太役をKREVAさん
  • 河上利也役をお笑いコンビ・エレキコミックのやついいちろうさん
  • バンドのレコーディングスタッフとして一樹に思いを寄せる女性・矢島真香役は阿部純子さん。

 

 一樹の姉・遠藤咲江役を坂井真紀さん、母親・鈴本奈津子役を倍賞千恵子さんが演じます。

 

他にも発表されていないキャスト

 

映画「461個のおべんとう」は、キャストが話題になりそう!

 

映画の音楽を担当している原作者の渡辺俊美さんも出演しそうですね!

ねこまろ

 

また、父親・一樹のミュージシャン仲間のキャストにも注目、そして井ノ原さんが歌手デビューしそうですね!

 

映画の監督の兼重淳さんは、映画「キセキ -あの日のソビト-」(松坂桃李と菅田将暉のW主演・2017年)で、GReeeeNの楽曲「キセキ」の誕生までの実話を映画化して、グリーンボーイズ(菅田将暉、横浜流星、成田凌、杉野遥亮)の4人をデビューさせています。

 

ジャニーズ事務所のキャストもまだまだ出演しそうですね!

 

原作者の渡辺俊美さんは、再婚相手との間に長女と次男も生まれています。

 

虹輝の妹や弟も生まれるのでしょうか!

 

キャストの発表も楽しみです。

 

2020年の公開映画をまとめました。

気になる記事がありましたら、ぜひ見て行ってください。

2020年の公開映画まとめ

 

スポンサーリンク

まとめ

 

映画「461個のおべんとう」のキャストと原作・あらすじをまとめました。

 

映画は、2020年秋に公開です。

この記事を書いている人 - WRITER -
子供の成長は速いです。 一緒に成長していこうともがき中です・・・ 無理がありますが、頑張ってます。

Copyright© ドラマ映画ネタバレlog , 2019 All Rights Reserved.